20151101

2015年11月1日、名古屋市営地下鉄鶴舞線庄内通駅で、ひとりの少年がホームに入ってきた地下鉄に飛び込み、死亡した。メディアでは、この少年がどの中学校の出身なのかを明らかにしていない。その理由は、名古屋市教育委員会がその中学名を今に至るまで公開していないから、なのだけど、名古屋市西区界隈では、この少年の中学校が名古屋市立名塚中学校であることは公然の事実である。

少年が自ら命を絶った理由はいじめである。彼の自室の抽斗から「学校や部活でいじめが多かった。部活で弱いなと言われていた」「もう耐えられない。だから自殺しました」などと書かれた遺書が見つかったのだ。名塚中の校長は、メディアの取材に関して最初はかなりの強気で「いじめだとは考えていない」とコメントしていたのだが、この遺書が出てきて、急に主張を変えた。

この中学では、「名塚中学校 いじめ防止基本方針」なる文書で、全10ページにも渡って誇らしげにその取り組みとやらを公開しているのだが、その中にはこんな記述がある。

月に1回、記名式の「学校生活アンケート」の実施により、誰が被害者か加害者かとかは関係なく、いじめがどの程度起きているのかを定期的に把握し、未然防止の取組の評価・改善につなげる。
重大事態が生じたときなど、事実関係を把握する必要がある場合は、緊急的に記名式でアンケート調査を行う。

僕は複数の関係者に話を聞いたのだが、皆異口同音に「記名式で何か書いたら、自分が書いたことがばれるに決まっている」と言う。こういう問題は、ロールプレイングなどを併用したシミュレーションを行えば気付きそうなものなのだが、まあ枠組みを一方的に作って、それで対策していますと胡座をかいていたとしか思えない。

で、最初のうちは、この名塚中学校では、緊急父兄会とか何だとか騒いでいたのだけど、先日、こんな報道がひっそりと流れたのである。

早すぎる死を悼む 名古屋の中1自殺1カ月で全校集会

名古屋市西区の中学一年の男子生徒がいじめを受けたとする遺書を残して自殺してから一日で一カ月を迎えた。生徒が通った中学校では同日、全校集会があり、在校生らが男子生徒の早すぎる死を悼んだ。

集会は始業前の午前八時半から十五分間、体育館で実施。全校生徒と全教員合わせて五百七十人が参加した。

市教委によると、生徒らが約一分間の黙とうをささげた後、校長が両親から寄せられたメッセージを代読した。

メッセージの中で両親は、息子を失った悲しみや救えなかった後悔の念を語り、「もし学校でいじめられている子を見たら声を掛けてあげてほしい」と在校生にお願いした。

ほかにも、生徒会の代表者が「一日」を忘れず、二度と同じ悲しみを繰り返さないように月命日の呼称を募集すると提案した。また、シンガー・ソングライターを学校に招き、歌づくりなどを通じて命の大切さを考える計画を発表した。

(奥村圭吾)

(2015年12月2日 中日新聞より引用)

月命日の呼称を募集?シンガー・ソングライター?ハァ?何言ってるんだ?別のメディアの情報を探すと、

中1生徒自殺1か月いじめなくす取組を

12 / 01 ( 火 ) 12 : 12 更新

名古屋市で中学1年の男子生徒がいじめを苦に自殺した問題で、中学校では月命日をいじめをなくす取り組みにあてることなどを決めました。男子生徒が通っていた中学校では、けさ8時半から全校集会が開かれ、生徒らが1分間の黙とうを捧げました。中学1年の男子生徒は、先月1日、「いじめが多かった。もう耐えきれない」などと書いた遺書を残し、地下鉄の駅で電車に飛び込んで死亡しました。集会では、生徒会から、「月命日の『1日』を、いじめをなくすため何ができるかを考える特別な日としたい」として、名称が募集されました。また、生徒が考えた言葉をそえたカレンダーを校内に貼ることを決めたほか、「シンガーソングライターを招き命の大切さについて発信していきたい」などの提案がありました。

(東海テレビ web サイト記事より引用)

ハァ?何言ってるんだ?特別な日にしなきゃ忘れちまうのか?言葉を添えたカレンダー?そんなもの貼る前に胸にこの事実を刻め、って話だろうが。そして「シンガーソングライター」の話だ。まあ欺瞞と「これで片付けよう」っていう意識、そして、生徒の死すらも生徒を啓発する一イベントとしてしか認識できない連中だなあ、という感想……いずれにしても、反吐の出るような話だと思うわけだ。

さて、で、本題はここからである。皆さん、どうしてここで、取ってつけたように「シンガーソングライター」なんて話が出てくるんでしょうねえ。奇妙だと思いませんか?

実はこの「シンガーソングライター」というのには、元ネタがあるのだ。

いじめ苦に生徒自殺、命の尊さを歌に 名古屋の市立中学

小若理恵 2015年12月4日19時39分

2年前、男子生徒がいじめを苦に自殺した名古屋市南区の市立中学で、命の尊さを訴えるオリジナル曲「地球のダイアモンド」ができた。生徒の言葉をもとに、全盲のシンガー・ソングライター大石亜矢子さん(40)=東京都=が作詞、作曲した。4日、お披露目のコンサートがあった。

♪君は誰かを笑顔にする みんな地球の宝物 光り輝くダイアモンド♪

生徒たちは時折涙をぬぐいながら聴き入った。生徒会長の女子生徒は「曲名のように私たちは輝いている。思いが詰まった歌を未来に残していきたい」とお礼を述べた。

同校では2013年、2年生の男子生徒が「いろんな人から『死ね』と言われた」と書き残してマンションから飛び降り自殺した。以来、毎年、命日の7月10日に「命の行事」を開いている。今年は市のハイパーレスキュー隊員から、眼前の命を救えなかった救助体験を聞いた後、「(生きるうえで)大事にしたいこと」を一人ずつ書いた。

「命は生きている限り輝くダイヤモンド」「一人ひとりが地球の宝物」。こうした生徒たちの言葉を読んだ校長が知人の大石さんに曲作りを依頼。大石さんが全生徒の言葉の中からフレーズを織り交ぜ、曲を完成させた。

コンサートの準備は54人の生徒有志が進めた。終了後、生徒会の担当教諭は「生徒たちは真剣に命の尊さと向き合ってきた。初めて曲を聴き、目の色が変わる生徒の姿を実感した」と話した。

(12月4日付朝日新聞より引用)

まず、二年前にこのいじめ・自殺があったのは、名古屋市立明豊中学校である。事の経緯に関しては yourpedia のエントリを御一読いただきたい。この事件では、クラスの10名以上の生徒が「死ね」とクラス会で自殺した生徒に声をあびせただけでなく、「自殺する」と言った生徒に対して、担任の女性教師が「そんなのやれる勇気ないのに、やってみろ」と言い、それがとどめとなって生徒が命を絶った。そういう事件である。

なるほど、おそらく学校と名古屋市教育委員会にとって、この「シンガーソングライター」ってのが貴重な成功体験なのだろう。だから、名塚中学校の生徒会に対しても、そういう「指導」を行い、生徒会がそれを提案した、と。おそらく真相はこういうことで間違いあるまい。そうでなければ、何もないところからこうも符合した「シンガーソングライター」なんて話が出てくるとは到底思えない。

いやー、何とまあ腐っているんでしょうね、名古屋ってのはさ。こんな土地で、子供育ててる人達は本当に大変だと思いますよ。僕だったらとてもじゃないけれど出来ないわ。こんな学校や、教育委員会を信用して、自分の子供を学校に通わすなんて。ああ恐ろしい。

Profile

T.T.Ueda
Tamotsu Thomas UEDA

茨城県水戸市生まれ。

横山大観がかつて学んだ小学校から、旧水戸城址にある中学、高校と進学。この頃から音楽を趣味とするようになる。大学は、学部→修士→博士の各課程に在籍し、某省傘下の研究所に就職、その2ヵ月後に学位を授与される(こういう経緯ですが最終学歴は博士課程「修了」です)。職場の隣の小学校で起こった惨劇は未だに心に深く傷を残している。

その後某自動車関連会社の研究法人で国の研究プロジェクトに参画、プロジェクト終了後は数年の彷徨を経て、某所で教育関連業務に従事。

New Entries

Comment

Categories

Archives(890)

Link

Search

Free

e-mail address:
e-mail address