気は焦るが、バスは進まず

僕は、怒りに震えながら、これを書いている。まったく、帰宅した今になっても、この怒りは収まらない。

最初は僕のミスから始まったのだ。今日、某所でのイベントの開始時刻を間違えていて、心配した先方が電話をしてきて、そのことに初めて気付いた。一大事である。とりあえず急行することを告げて外に出たのだった。

しかし、ここから某所までは結構な距離である。バスだとひとつ乗り継いで行くことになるが、乗り換えさえうまくいけば、これはこれで意外に速い。一番速いのは何と言ってもタクシーだろうけど、これは結構なお金がかかる。少し考えて、僕はバスを選択して、近くのバス停に来たバスに乗り込んだのだった。

このバスは後払いのバスで、降車時に、現金か IC カードで支払うことになっている。当然僕は IC カードを常時携行しているわけで、他の人達も、同じように IC カードか、老人や障害者ならば無料パス、そして百円玉2枚で払っていく人もある。カードのチャージのタイミングにあたったとしても、降車にそう時間がかかるシステムではない。

ところが、僕が乗り込んだ次のバス停に着いたときのこと。一人の乳飲み子を抱えた女性が、料金箱の前までやってきて、あれれ、カードが……と、所持品をまさぐり始めたのである。おいおい、急いでいるのに勘弁してくれないかなあ……と、待っていても一向にその女性のカードは見つからない。時間はどんどん過ぎていく。

やがて、目前の信号が赤に変わってしまう。女性は、あれやこれや、持っていたものを床に広げて、ここでもない、あそこでもない……と捜し続けているが、一向に見つかる気配がない。

捜している女性が「ごめんねー」「ごめんねー」と呟いているので、誰に謝っているのかと思ったら、自分の子供に謝っている。いや、謝る相手が違うんじゃないのかね……

運転士とバス会社の名誉のために書き添えておくけれど、運転士はこの女性に何度も「後で見つかったらご連絡差し上げますので」と、降りるように促していた。しかし、この女性はそれを聞き入れようともせず、IC カードを捜し続けていたのだ。もう、ここで自分が払ってでもいいから、この女性を降ろしてしまいたい、そう思ったとき、ようやく女性本人が、

「あのー、現金で」

と言い出した。やれやれ、やっと解放されるのか、と思ったのだが、いやいや僕は甘かったのだ。女性は辺りに広げた荷物をひとつひとつ手に取って、財布はどこだったかしらん……と、再び捜索を開始したのだ。もう勘弁してくれ!

何分かの後、財布は見つけたらしく、女性は荷物をまとめて(それにも時間がかかったことは言うまでもない)降りていった。ため息をつきながら前に向き直ろうとした、そのときである。

「すいませーん、すいませーん、運転手さーん」

先の女性がバスの前面に、立ち塞がらんばかりに居るのだった。何なんだ。まだ何かあるのか?

運転士がドアを開けると、

「あのー、私、IC カードを家の鍵と一緒にしていたもんで、このまま帰っても家に入れないんですよー。だから、乗って、中で捜させてもらってもいいですかぁ?」

……頼む。もう勘弁してくれよ。

女性はしれーっと乗ってきて、後部座席に戻ってごそごそと辺りを捜し始めた。バス停4つ程が過ぎたところで、

「あー、あったー」

で、次の停留所で降りたのだが、そのときも、この降車時に料金を払うべきかどうか、ということでまたごちゃごちゃとやりそうになった。運転士はさすがに「もう結構ですから」と料金回収を放棄し、女性を降ろしたのだった。

その次の次で、僕は別のバスに乗り換えなければならなかった。次の路線のバス停に向かおうとしたとき、目前の信号を発進していく、その路線のバスの車両が見えた。次のバスは……15分後。はぁ? 最悪だ。

2013/04/04(Thu) 00:38:32 | 日記
Tittle: Name:

Profile

T.T.Ueda
Tamotsu Thomas UEDA

茨城県水戸市生まれ。

横山大観がかつて学んだ小学校から、旧水戸城址にある中学、高校と進学。この頃から音楽を趣味とするようになる。大学は、学部→修士→博士の各課程に在籍し、某省傘下の研究所に就職、その2ヵ月後に学位を授与される(こういう経緯ですが最終学歴は博士課程「修了」です)。職場の隣の小学校で起こった惨劇は未だに心に深く傷を残している。

その後某自動車関連会社の研究法人で国の研究プロジェクトに参画、プロジェクト終了後は数年の彷徨を経て、某所で教育関連業務に従事。

New Entries

Comment

Categories

Archives(899)

Link

Search

Free

e-mail address:
e-mail address