Adobe Reader 復活

実は、この何十日かの間、Adobe Reader が使えない状態だった。Linux、特に Debian GNU/Linux (sid) を使っているとしばしばあることなのだけど、今回は libgtk-2.0-0 に関わる不整合があって、長らく Adobe Reader を入れられない状態だった。

しかし今日、午前中にちょっと用事があって外出し、帰ってきてから apt-get の更新をかけたら、GTK 関連のライブラリの更新がかかっていて、問題の libgtk-2.0-0 も更新対象になっていた。これはひょっとすると……と、"apt-get install acroread" とすると、おー、ちゃんとインストールされたよ。何か久々だよなあ。

正直、今回の不整合の問題は長かったし、Adobe が Linux 版の Adobe Reader の更新に熱心でないことなどもあって、『TeX Live を使おう──Linux ユーザと Mac OS X ユーザのために──』の Adobe Reader に関わる記述を削除した方がいいのだろうか、と考えたりもしていたのだったが、もう少しの間はあのままでも問題ない、ということか。しかしなあ。Adobe もどうかと思うよな。Windows 版なんかもう ver.11 だってのに。

2013/07/06(Sat) 16:28:43 | コンピュータ&インターネット
Tittle: Name:

Profile

T.T.Ueda
Tamotsu Thomas UEDA

茨城県水戸市生まれ。

横山大観がかつて学んだ小学校から、旧水戸城址にある中学、高校と進学。この頃から音楽を趣味とするようになる。大学は、学部→修士→博士の各課程に在籍し、某省傘下の研究所に就職、その2ヵ月後に学位を授与される(こういう経緯ですが最終学歴は博士課程「修了」です)。職場の隣の小学校で起こった惨劇は未だに心に深く傷を残している。

その後某自動車関連会社の研究法人で国の研究プロジェクトに参画、プロジェクト終了後は数年の彷徨を経て、某所で教育関連業務に従事。

New Entries

Comment

Categories

Archives(890)

Link

Search

Free

e-mail address:
e-mail address