またもや環境再構築

このところ不調だった Linux 環境に大鉈を振うことにして、さっくり環境の再構築を行った。どうも X のサーバ関連で Debian が何か動きがあるのか、サーバの一部が置換されてしまうと X が起動しない、というのに悩まされて、ついに荒技に出たというわけなのだが……いや、/home に復旧セットを作って再インストールを行うので特に何も問題は生じないのだけど、ただひとつ、Intel Compiler の復旧だけが面倒なのである。

何が面倒って、まずアーカイブがデカいこと。そして VTune を入れると daemon と module でちょこちょこやらなければならないこと(正直言って VTune はほとんど使わないので、いっそ消してしまった方がいいのだろうか)。まぁ、何十分かうだうだやって、作業は終了した。

今は復旧した shannon(Linux と Windows Vista Home Basic 64 bit のデュアルブート端末)の上でこれを書いているのだけど……来年度になったら、shannon もそろそろ更新の時期である。こんな作業でうだうだやっていても、あっと言う間に機種更新、だものなぁ。何か人生の無駄遣いをしているような気がしてきて、暗澹たる心地になるのであった。

2009/12/16(Wed) 18:18:45 | コンピュータ&インターネット
Tittle: Name:

Profile

T.T.Ueda
Tamotsu Thomas UEDA

茨城県水戸市生まれ。

横山大観がかつて学んだ小学校から、旧水戸城址にある中学、高校と進学。この頃から音楽を趣味とするようになる。大学は、学部→修士→博士の各課程に在籍し、某省傘下の研究所に就職、その2ヵ月後に学位を授与される(こういう経緯ですが最終学歴は博士課程「修了」です)。職場の隣の小学校で起こった惨劇は未だに心に深く傷を残している。

その後某自動車関連会社の研究法人で国の研究プロジェクトに参画、プロジェクト終了後は数年の彷徨を経て、某所で教育関連業務に従事。

New Entries

Comment

Categories

Archives(890)

Link

Search

Free

e-mail address:
e-mail address