done

昨夜、帰宅後。shannon-x61 を Windows 8 で起動して、Windows ストアを見てみると……一番目立つところに、Windows 8.1 へのアップグレードを促すボタンが現れた。早速作業を開始することにする。

Windows 8 から 8.1 へのアップグレードパッケージがどれ位の大きさか、というと……優に 3 GB を超える大きさである。げー、これだったら単体のパッケージをひとつダウンロードしておいて、shannon-x61 と shannon で共有したらいいのになあ、と思ったが、これは Windows Update ではなくてストアなので、ぱっと見、そういう選択肢は発見できない。はいはい。帯域占有してごめんなさいね、と呟きつつ、横の shannon でも同じ作業を並行して行うことにする。

ダウンロードには2、3時間を要した……はずだ。ちょっと寝て、再び目が醒めたときには、おそらく強制的にリブートがかかったのだろう、GRUB(ブートローダー)の default になっている Linux で端末が起動していた。Windows で再起動すると、再びインストールの作業が始まって、しばらくすると再起動……というのを、2、3度繰り返す。

朝になると、OS の許諾条項の確認が出ていた。どちらも許諾の旨入力すると…… Metro UI の起動画面になる。うーむ。Classic Shell は default でこの画面を skip するように設定されているのだが、それが効いていない、ということか。とりあえずデスクトップに切り替えることにする。

今回のアップデートで生じた問題だが、まず、shannon-x61 の無線 LAN で問題が生じた。shannon-x61 の無線 LAN カードは、IEEE 802.11n で通信が不安定になるので、ドライバの設定で殺してあるのだが……何の断りもなく設定が変わっている。ロクに使い易くもなっていないクセに要らんことしやがって……と呪いの言葉を吐きながら、再び IEEE 802.11n を殺す。

次に、同じく shannon-x61 の指紋認証が使えなくなっている。これはユーティリティを立ち上げて、再び明示的に指紋認証を使用するよう設定するだけで復活したが、ロクに使い易くもなっていないクセに要らんことしやがって……と、再び呪いの言葉を吐く。

Classic Shell の問題はどうしたものか……と、配布元のページを見ると、新しい version が出ている、これを入れると一発で問題は解決した。この最新 version は、スタートボタンが Windows 8 のマークになっている。従来からの石油会社みたいな貝のマークでも構わないのだけど、これはこのままでいくことにする。

デスクトップで何が変わっているのか、と見ると、「マイコンピュータ」に相当する "pc" のアイコンが新設された位か。ロクに使い易くもなっていないクセに要らんことしやがって……と、三度呪いの言葉を吐くのだった。

特に shannon の方が、しばらく defrag をかけていなかったので、NTFS のパーティションが無惨なことになっているので、ultradefrag でがっちり再配置することにする。shannon-x61 の方はこれで更新作業はおしまい……のはずなのだが。今後何か出てくるかもしれないが、まあそれにしても、ロクに使い易くもなっていないクセに要らんことしやがって……しつこいな。まあ、その程度のアップデートなのだよね。

2013/10/18(Fri) 13:32:02 | コンピュータ&インターネット
Tittle: Name:

Profile

T.T.Ueda
Tamotsu Thomas UEDA

茨城県水戸市生まれ。

横山大観がかつて学んだ小学校から、旧水戸城址にある中学、高校と進学。この頃から音楽を趣味とするようになる。大学は、学部→修士→博士の各課程に在籍し、某省傘下の研究所に就職、その2ヵ月後に学位を授与される(こういう経緯ですが最終学歴は博士課程「修了」です)。職場の隣の小学校で起こった惨劇は未だに心に深く傷を残している。

その後某自動車関連会社の研究法人で国の研究プロジェクトに参画、プロジェクト終了後は数年の彷徨を経て、某所で教育関連業務に従事。

New Entries

Comment

Categories

Archives(900)

Link

Search

Free

e-mail address:
e-mail address