聖体拝領時の騒ぎ

クリスマスイブのときもあったのだけど、今日の年始のミサに行ったときに、ちょっとした騒ぎがあった。聖体拝領のときに、従者の一人がある女性を血相変えて追いかけていき、こう咎めたのだ:

「あなた、洗礼受けてますか?聖体拝領できますか?」

で、何やらもめていたのだが、この女性、誰も彼もが聖体拝領できるわけではない、ということすら知らなかったようで、ホスチアの返却を求める従者に半ば逆ギレしつつ、ホスチアを返すとカツカツと音を立てて席に戻っていった。

先にも書いたのだけど、最近このような人を目にする機会が多くなったような印象を受ける。ここで誤解がないように明記しておきたいのだけど、

  • カトリックのミサにおける聖体拝領時には、一般の方はホスチアを貰うことはできません(許されていません)
  • ホスチアを貰えるのは、一般洗礼受洗者か、幼児洗礼などを受けた後に初聖体を受けた人に限られます
……しかし、こんなことも通らない世の中になったのだろうか。何とも困ったものである。

そう言えば、最近は mixi などでも見かけるのだけど、熱心な信者を自称していながら受洗していない人、というのが少なからず存在するらしい。僕が mixi のカトリックのコミュニティをやめた理由が、この手の輩が妙にプライド高く「自分は幼児洗礼を受けた人より篤い信仰を持っている」などと主張するのがうざったくてならなかったからなのだけど、今回の女性もどうもそういう感じに見受けられたのだ。篤い信仰を持っていながらなぜ受洗できないのか、僕には不思議で不思議でならないのだけど、少なくともルールは守っていただかなければ困る。

聖体拝領の前後の司祭や助祭の所作を見ていれば自ずと分かることなのだけど、一旦祝福されたホスチアは、カトリックにとっては「キリストのからだ」なので、かけら一つたりともおろそかにすることはない。ワインの中にわずかなかけらですら払い込んで、かき混ぜて飲んでしまう。これはケチ臭いからではなくて、たとえるならば仏舎利のように、かけらですらキリストのからだの一部として、大切に扱うためである。これが分からない人には、聖体拝領のかたちだけを真似ても何の意味もないし、それはキリスト教における信仰の極めて大事な部分に関して理解していないことに等しい。だから、そういう人は聖体拝領をしてはいけないのだけど……そういう人の中に、かたちだけやればお恵みがいただける、などと不遜なことを考える輩が存在するのが、どうにも不快でならない。こちとら、ごっこ遊びでミサやってるんじゃないんだから、少しは知るべきことを知ってもらいたいものだけど……

2010/01/01(Fri) 13:20:11 | 日記

Re:聖体拝領時の騒ぎ

↓KD106181122147.au-net.ne.jp ってどこかな。いずれにしても、あなたのようなのを「虎の威を借る狐」と言うのですよ。本物を知りもしないで本物を語ろうなんて、キリスト者とはとても思えない愚かさ、傲慢さ。ああやだやだ。
guest(2017/05/02(Tue) 16:37:43)

Re:聖体拝領時の騒ぎ

カトリックは、本物では無いのでそのようなことが起きるんです。
guest(2017/04/22(Sat) 06:30:01)
Tittle: Name:

Profile

T.T.Ueda
Tamotsu Thomas UEDA

茨城県水戸市生まれ。

横山大観がかつて学んだ小学校から、旧水戸城址にある中学、高校と進学。この頃から音楽を趣味とするようになる。大学は、学部→修士→博士の各課程に在籍し、某省傘下の研究所に就職、その2ヵ月後に学位を授与される(こういう経緯ですが最終学歴は博士課程「修了」です)。職場の隣の小学校で起こった惨劇は未だに心に深く傷を残している。

その後某自動車関連会社の研究法人で国の研究プロジェクトに参画、プロジェクト終了後は数年の彷徨を経て、某所で教育関連業務に従事。

New Entries

Comment

Categories

Archives(899)

Link

Search

Free

e-mail address:
e-mail address