Ubuntu が重い?

ネットである技術系のレビューを読んでいたときのこと。そのレビューというのが、Windows XP で使用していた端末に android をインストールする、という内容だったのだけど、それを書いているライターが、android に至るまでに試した OS の一つとして Linux を挙げていて、そこにこう書いていたのだ:

次に考えたのはUnix系のOSである「Linux」で、ディストリビューション(ユーザーがLinuxをインストールできる形にまとめたもの)の一つである「Fedora」をUSBメモリーから起動して使ってみたが、残念ながら思ったほど軽くない。同様のLinuxディストリビューションである「Ubuntu」はもっと重いという話も聞く。

うーん。bootable な USB スティック用のイメージとして何が重くて何が軽いか、という話なら分からないでもないのだけど、Fedora が重くて Ubuntu がもっと重い、とかいうのは、正直言って意味が全く分からない。何が言いたいんだろう、この人は。

たとえば僕は、Debian GNU/Linux を使っているわけだけど、おそらく Debian でも、いわゆる御仕着せのデスクトップは重いんだろうと思う。僕の場合は XFCE を使っているし、無意味に重くなるだけのツール(たとえばスクリーンショットをアイコンとして提供するためのツールとか)は徹底して外してあるので、デュアルブートできる Windows 8.1pro と比較しても阿呆程軽いわけだ。

今更こんなことを書きたくもないのだが、Linux の各種 distro は、個人環境を徹底的に選択・再構成できる。必要だったら kernel の reconfig だってできる。いや、実際僕は Debian が提供する kernel image なんか使ったことはまずなくって、常にその時点での最新の kernel から自分で kernel image をコンパイルして使っている。無駄なものは要らないから、kernel の config 時に徹底して外しているし、その代わりに、例えば mount することの多い ntfs はモジュールでなく kernel image に include してあったりする。

まあ、軽量化と称して、システムの構成に大規模に手を加えることのできない Windows と比較すること自体おかしな話なのだけど……別に Ubuntu だって、軽いウインドウマネージャーを選んで、無駄なユーティリティを消したデスクトップ環境を自分で整備すれば、軽く使うことは問題なくできると思うんだが……まあ、結局は、他の誰かに(責任をも含めて)負ってもらいたいだけなんじゃないの?

2014/06/25(Wed) 11:10:56 | コンピュータ&インターネット
Tittle: Name:

Profile

T.T.Ueda
Tamotsu Thomas UEDA

茨城県水戸市生まれ。

横山大観がかつて学んだ小学校から、旧水戸城址にある中学、高校と進学。この頃から音楽を趣味とするようになる。大学は、学部→修士→博士の各課程に在籍し、某省傘下の研究所に就職、その2ヵ月後に学位を授与される(こういう経緯ですが最終学歴は博士課程「修了」です)。職場の隣の小学校で起こった惨劇は未だに心に深く傷を残している。

その後某自動車関連会社の研究法人で国の研究プロジェクトに参画、プロジェクト終了後は数年の彷徨を経て、某所で教育関連業務に従事。

New Entries

Comment

Categories

Archives(900)

Link

Search

Free

e-mail address:
e-mail address