激突!

……と言えば、スピルバーグの出世作だが、今回の話はそれに比べたら、誠にショボい話である。しかしだ。こちらにしてみたら、命の危険を感じたんだから、これはこれで大変な話なのだ。

今日は職場で作業をする必要があって、いつもより早めに家を自転車で出た。職場までは直線距離にして 6 km 離れている。これを往復するのが、僕にとっての貴重な運動なのだけど、運動という以外にもその意義はちゃんとある。公的交通機関を使用する人々の呆れた行動にいらいらせずに済むし、病気の人との接触も回避できる。心身の健康と安全にとって重要な意味があるのだ。

僕はいつものように車道の端を走っていた。道交法によれば、歩道の幅が 3 m 未満の場合、自転車は路側帯を走る義務がある。当然だけど、交通法規は遵守するよう努めているので、今日も路側帯を走っていたわけだ。

で……何年か前までストリップ小屋のあった角でのこと。角を目前にして、左折レーンに停車している車があったので、その右側を抜けるため、左折車線の右端の方を通った。当然だけど、このレーンの後方から車が来ないことは確認済だったし、レーンの縁はオレンジのライン……つまり車線変更禁止のエリアだったから、そういう動きをしたわけだ。当然だけど、こちらは車線をはみ出してはいない。

すると、隣の車線の後方から黒いクラウン……最新のものか一つ前のもの位だと思う……が猛烈にクラクションを鳴らしながらこちらを追い抜いた。しかもこちらに幅寄せをして。今思えば、このときにナンバーを確認しなかったことが不覚だったのだけど、こちらはもう、カチーン、ときてしまったわけだ。

イラっとすればこちらのペースは上がる。しかもこんなときに限って、黒クラウンの車線は混んでいたらしく、次の信号で僕は追い付いてしまった。毛染めで有名な某会社の本社の前辺りのことだ。いつもだったらここから、今通ってきた道の右サイドの幅広の歩道に移るのだけど、路側帯側に人が多かったので、信号待ちで停車している左折レーンの車の右側に沿うように、僕は目前の横断歩道に自転車を進めた。つまり、停まっている黒クラウンの左側に寄るように走り抜けたわけだけど、これが黒クラウンのドライバー……まあ先に書いたようなことをやらかす輩だからお脳の程度は知れているんだろう……にとっては、自分を挑発しているように映ったのかもしれぬ。

右側の歩道に移った僕が後ろを確認すると、その黒クラウンが他の車を押し退けるようにして右折してくるのが見えた。何だ、これ、ひょっとして僕を追ってきている? その予感は的中した(なんでやねん)。そいつは窓を開け、「おらぁ」とこちらに怒号を浴びせてきたのだ。おいおい……

こんなことをする時点で、もうこいつがマトモな輩でないことは確定だ。デカいクラウンを捩じ込んで追ってくるんだから……僕は一方通行の路地に逃げ込んだ。当然だけど、そこには入ってこられない。入ってきたら、即行でケータイで110番するつもりだった。1、2分程待ってみるが、周囲に車の動く気配もなさそうだ。やれやれ、何なんだろう……と、2車線の道路に出ようとしたら、目前をその黒クラウンが通り過ぎた。はいはい、アンタが何処を目指しているのか知らんけど、もう俺の人生に関わらんといてくれ……溜息をつきながら、目前の角を抜けた。

角を抜けると、目前は6車線の太い幹線道路だ。この横断歩道を渡った先には、並木の植えられた、閑静な住宅街の道路が続いている。やれやれ、普段はここは通らないんだけど、クールダウンがてら行きますか……と、入ったそのときである。後ろからまた黒クラウンが追ってきたのだ。

焦って周囲を見渡すが、なにせ閑静なので人も車もいない。ドライバーはまた窓を開け、オラオラ言いながらこちらに迫ってくる。しかし、だ……この道にはかなりガッチリしたガードレールが設置してあるので、黒クラウンは直接こちらに車をぶつけることはできない。僕はU ターンして、その路地と並行するもっと細い道に入った。実はこちらは僕が通勤に使う道なのだけど、そこから職場の近くに出るまでの間、黒い車が近くに来る度に、あいつじゃないか、と思うと、もう気が気ではなかった。まあ、あまりに無茶苦茶なことをされるようだったら、さっくり警察を呼ぶ気でいたのだけど(とにかく、こちらには何一つ非はないんだから)、馬鹿は常識では考えられないことをするものだ。警戒するに越したことはないだろう。

かくして、普段の数分遅れで職場に到着した。クールダウンするのに骨が折れた……ああ、しかし、ナンバーさえ見ていたならば!絶対に通報したものを。いやはや、酷いめにあった。まあ……クラウンって、そういう車だよなあ。まだヤのつく自由業の方々のベンツとかの方が落ち着いている。あんな車に乗ってブイブイいわしてる奴には、はなっから近付かないようにしていたんだけどなあ。あれでは、こちらとしてはどうしようもないわけだ。

2014/10/25(Sat) 13:17:15 | 日記
Tittle: Name:

Profile

T.T.Ueda
Tamotsu Thomas UEDA

茨城県水戸市生まれ。

横山大観がかつて学んだ小学校から、旧水戸城址にある中学、高校と進学。この頃から音楽を趣味とするようになる。大学は、学部→修士→博士の各課程に在籍し、某省傘下の研究所に就職、その2ヵ月後に学位を授与される(こういう経緯ですが最終学歴は博士課程「修了」です)。職場の隣の小学校で起こった惨劇は未だに心に深く傷を残している。

その後某自動車関連会社の研究法人で国の研究プロジェクトに参画、プロジェクト終了後は数年の彷徨を経て、某所で教育関連業務に従事。

New Entries

Comment

Categories

Archives(890)

Link

Search

Free

e-mail address:
e-mail address