物議をかもした Google Books

最近、聖書関連の調べものをしているときに、雑誌がそのまま検索に引っかかってくるのに気付いた。これって、ちょっと前にアメリカで物議をかもしたGoogle Booksではないか?と見てみると、ちゃんと日本語版のサイトが beta release されている。どんなんかなぁ、と「LIFE Robert Capa」の3語をキーワードに検索を行った結果がこちら:

http://books.google.co.jp/books?as_brr=3&q=LIFE+robert+capa

おー、ちゃんとキャパが落下傘降下して撮影した写真(詳細を知りたい方はキャパの第二次世界大戦の回顧録である『ちょっとピンぼけ』を御一読のこと)も観られるじゃないか!これは凄い。今に web 上の文献の citation とかもこれでできるようになってしまうのだろうか。著作権に関する問題がまだ完全に解決したとはいえないだろうけれど、これは確かに使える機能だ。

2010/03/09(Tue) 17:28:08 | 社会・政治
Tittle: Name:

Profile

T.T.Ueda
Tamotsu Thomas UEDA

茨城県水戸市生まれ。

横山大観がかつて学んだ小学校から、旧水戸城址にある中学、高校と進学。この頃から音楽を趣味とするようになる。大学は、学部→修士→博士の各課程に在籍し、某省傘下の研究所に就職、その2ヵ月後に学位を授与される(こういう経緯ですが最終学歴は博士課程「修了」です)。職場の隣の小学校で起こった惨劇は未だに心に深く傷を残している。

その後某自動車関連会社の研究法人で国の研究プロジェクトに参画、プロジェクト終了後は数年の彷徨を経て、某所で教育関連業務に従事。

New Entries

Comment

Categories

Archives(896)

Link

Search

Free

e-mail address:
e-mail address