期日前投票行ってきました

……とは言っても、今週の月曜の話なのだが、一応書くだけ書いておこう。

たまたま時間が空いたところに、期日前投票所になっている市役所の近くにいたもので、とりあえずさっくりと投票してしまおう、と考えた。勿論、自分で書いた国民審査関連の document で、どの最高裁判事に×を付けるかを確認し、最後に一応、小選挙区の立候補者のリストを確認した。

この選挙区には、民主党の候補(新)、諸派の候補(新)、そして自民の候補(前)が一人づつ立候補している。自民の候補は、パチンコ業界から多額の献金を貰っている上に、トヨタ関連の企業とも良好な関係を築いており、何かテレビ番組があればすぐに出てくる(しかし、やしきたかじんの番組に呼ばれることは何故かない……笑)ような輩なので、何が何でもこいつには入れたくない。では……と、「諸派」と書かれている候補の背景を調べたら、なんと幸福実現党の候補であった……アブネーアブネー、確認しておいてよかったよ。まぁ、消去法でいくと、選択の余地はなくなってしまった。

比例区には……かなり悩んだのだが、自公以外(あ、幸福実現党でもありません)の某党を選択した。

……まぁ、僕のこんな投票を参考にされる必要はないし、それ以前に他人の投票など参考にしないでいただきたいのだが、判断材料として、ぜひこれだけは皆さんに見て頂きたい、というものがある。自民党と公明党「だけ」が、いわゆるネガティブキャンペーンを展開しているのだが、その動画である。

(自民党)


公明党の『永田町学院小学校シリーズ』の方は輪をかけて下らないので、埋め込まずにリンクだけ。

まぁ……お寒いとしか言いようがない。アメリカなどでのネガティブ・キャンペーンの CF はある意味もっとちゃんとしていて、誰の何がどう悪いのか、数字なども込みで真正面から批判するものが多いのだが、アニメ作ったり、小学生集めてドラマ撮ったり、自民党や公明党はどうも余程施政以外に使える金をたくさん抱え込んでいるらしい……こんなことやってるから(以下略)。ああやだ、ぺっぺっぺっ。

2009/08/27(Thu) 18:53:24 | 社会・政治
Tittle: Name:

Profile

T.T.Ueda
Tamotsu Thomas UEDA

茨城県水戸市生まれ。

横山大観がかつて学んだ小学校から、旧水戸城址にある中学、高校と進学。この頃から音楽を趣味とするようになる。大学は、学部→修士→博士の各課程に在籍し、某省傘下の研究所に就職、その2ヵ月後に学位を授与される(こういう経緯ですが最終学歴は博士課程「修了」です)。職場の隣の小学校で起こった惨劇は未だに心に深く傷を残している。

その後某自動車関連会社の研究法人で国の研究プロジェクトに参画、プロジェクト終了後は数年の彷徨を経て、某所で教育関連業務に従事。

New Entries

Comment

Categories

Archives(900)

Link

Search

Free

e-mail address:
e-mail address