経歴を書く

何日か前から、僕は心に重い塊を抱いていた。厭だ。避けたい。やりたくない。しかし、やらなければならない。そして今日、覚悟を決めた。

ボールペンを取り、罫線の間を埋めていくが……あ゛ーーーーーーー!間違えた!あ゛ーもーやだやだ!

……と書くと、一体何の話なのか、と問われそうだが、実は自筆の経歴書を書かなければならない用事ができたのだ。これがもう苦痛だったらない。

昔っから、何が嫌いって、履歴書や経歴書の類を書くのが何より嫌いなのだ。この手の書類は手書きであることを要求される。誰かに代筆を頼むこともないわけではないけれど、それが代筆だとばれるのも厭だから、嫌々自分で書くことになる。しかしだな……

僕の経歴をざっと書いてみると、こんな感じだ。

  • 茨城県立水戸第一高等学校 卒業
  • 大阪大学工学部材料系 入学
  • 大阪大学工学部材料開発工学科 卒業
  • 大阪大学大学院工学研究科博士前期課程材料物性工学専攻 入学
  • 大阪大学大学院工学研究科博士前期課程材料物性工学専攻 修了、修士(工学)
  • 大阪大学大学院工学研究科博士後期課程材料開発工学専攻 入学
  • 大阪大学大学院工学研究科博士後期課程材料開発工学専攻 単位取得退学、博士(工学)

……ここまででいい加減疲れてくるわけだけど、まだまだ続く。

  • 通商産業省工業技術院大阪工業技術研究所 入所、通商産業技官
  • 省庁改編にともない通商産業省産業技術総合研究所と名称変更
  • 省庁改編にともない独立行政法人産業技術総合研究所と名称変更、同職員に職名変更
……あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛!と、この辺でもう書いているのが厭で厭でたまらなくなってくるのだが、残念なことにこの後も経歴は続くのであった。

正式な職名だけだったらこれだけでもいいんだろうけれど、実際には、大阪大学リサーチアシスタント、とか、某大学の非常勤講師、とかいうのもあるので、そこまで書くともう訳が分からなくなってくる。それでもコンピュータで書くなら、コピーペーストで少しは労力も減らせるのだけど、自筆ではそうはいかない。しかも僕は生来の悪筆で、しかもよく書き間違えるのだ。今回も、ちょっとした経歴の書類を書くのに、フォームを5枚も6枚も無駄にするはめになった。

まあでも、書くことが多いというのは、贅沢な悩みなのかもしれない。U にもそんなことを言われたけれど……しかし、やはりこの手の書類は苦手だ。おそらくこれは一生変わることはないのかもしれない。

今回書いたものを U にチェックしてもらっていたのだが、経歴の後にある自己紹介の部分を読んでいた U が……

「ん……『自分の長所』に『自分の短所』ねえ……」
「ああ、そこ、なんて書こうか迷ってたんだけどね」
「これさ、『自分の短所』に『字が汚い』って書いておくといいんじゃないの?」

で、提出先の担当者の方から電話があったときに、「書いといた方がいいでしょうかね」と訊いたら、思い切り笑われてしまった。やはり字が綺麗に越したことがない。

2010/10/28(Thu) 13:19:18 | 日記
Tittle: Name:

Profile

T.T.Ueda
Tamotsu Thomas UEDA

茨城県水戸市生まれ。

横山大観がかつて学んだ小学校から、旧水戸城址にある中学、高校と進学。この頃から音楽を趣味とするようになる。大学は、学部→修士→博士の各課程に在籍し、某省傘下の研究所に就職、その2ヵ月後に学位を授与される(こういう経緯ですが最終学歴は博士課程「修了」です)。職場の隣の小学校で起こった惨劇は未だに心に深く傷を残している。

その後某自動車関連会社の研究法人で国の研究プロジェクトに参画、プロジェクト終了後は数年の彷徨を経て、某所で教育関連業務に従事。

New Entries

Comment

Categories

Archives(890)

Link

Search

Free

e-mail address:
e-mail address