詐欺師が何故人を上手く騙せるのか

まず最初に書いておくけれど、僕は世間の尺度で言うならば、かなりリベラルな方だと思う。南京虐殺も、中国などが挙げている数字は荒唐無稽だとは思うけれど、便衣兵を警戒して関東軍が民間人を大量に殺したという意味では「あったこと」だとみているし、慰安婦問題にしても、民間人の女衒の所為だとは片付け難い問題を孕んでいるとみている。靖国神社に対しては、宗教的アイデンティティの観点から十把一絡げの合祀には反対しているし、と、まあこれだけ書いても、どうです、かなりリベラルでしょう?

そんな僕ではあるのだが、民主党政権に関して何か口を開こうとすると、彼らを擁護するようなコメントを、どうやっても絞り出すことができない。これは一体どうしたことなのだろうか。

首相会見のポイント

 1、小沢一郎民主党元代表は自らの問題を国会で説明してもらいたい
 1、起訴された場合は、小沢氏は政治家としての出処進退を明らかにして裁判に専念すべきだ
 1、社会保障に必要な財源について消費税を含め超党派の議論を呼び掛けたい。6月をめどに方向性を示したい
 1、2011年度予算案に国会で多くの政党の賛成をいただきたい
 1、私の念頭には衆院解散の「か」の字もない
 1、環太平洋連携協定(TPP)の最終的な判断は6月ごろがめどだ
(2011/01/04-11:22, 時事通信社 元記事リンク

これらを見ると、菅直人の考えていることが実に明確になる。要するに、
  • 民主党に対して世論が否定的である原因は「政治とカネ」問題に尽きる。
  • しかるに、小沢氏を排除することによって世間への責任をとることができ、そうなれば世論の支持は回復し、政局も安定するはずだ。
  • 尖閣諸島問題などに関しては「政治とカネ」問題ではないので、それらを理由として自らや内閣が責めを負う謂れなど全くない。
  • 来年度予算案を通して、その後は消費税引き上げや関税障壁撤廃を早急に実現することが現政権の急務である。
これが、今年年頭の菅直人の主張である。

以前、ある人からこんな話を聞いたことがある。それは「詐欺師は何故ああもがっつりと人を騙すことができるのか」というものだったけれど、

「いや、簡単なことだよ。人は、嘘をつくと、どう取り繕ってもバレるものだろう?」
「ええ」
「だったら、バレないためにはどうしたらいい?」
「……嘘じゃなければ、そもそもバレることはないけれど……」
「いや、それで正解だよ」
「え?でも、騙すんでしょう?」
「だからさ、騙す側が、主観的に、心の底からそれを真実と信じ込むんだよ。最初に。そうすれば、どれだけ何を言おうが、それは主張する側にとっては真実になるんだから」

つまり「他人を騙す最良の方法とは、まず最初に自分を騙すことから始めることだ」というのである。これを聞いたときは、なるほどなあ、と感心したものだけど、去年の鳩山政権における「腹案」問題にせよ、去年から今年の年頭会見にかけての、菅政権の抱える一連の問題とその対応にせよ、それらを見る度に、どういう訳だか、この詐欺師の話が思い浮かんできてならないのである。

2011/01/04(Tue) 18:25:17 | 社会・政治
Tittle: Name:

Profile

T.T.Ueda
Tamotsu Thomas UEDA

茨城県水戸市生まれ。

横山大観がかつて学んだ小学校から、旧水戸城址にある中学、高校と進学。この頃から音楽を趣味とするようになる。大学は、学部→修士→博士の各課程に在籍し、某省傘下の研究所に就職、その2ヵ月後に学位を授与される(こういう経緯ですが最終学歴は博士課程「修了」です)。職場の隣の小学校で起こった惨劇は未だに心に深く傷を残している。

その後某自動車関連会社の研究法人で国の研究プロジェクトに参画、プロジェクト終了後は数年の彷徨を経て、某所で教育関連業務に従事。

New Entries

Comment

Categories

Archives(896)

Link

Search

Free

e-mail address:
e-mail address