情報統制は既に始まっている

皆さん、もうお気付きのこととは思うのだが、ある日を境にして、ほとんどのメディアで、放射線や放射性物質量の具体的な測定値を表に出さなくなった。「〜の定める量の……倍」というフォーマットがすっかり定着してしまった。

僕は、これを一種の情報統制だと思っている。僕は決して上杉隆氏や岩上安身氏等を支持しているわけではないのだけど、大手メディアが一斉にこのような動きをするのは、大手メディアに共通する「具体的な測定値を表に出すと不都合が生じる事情」があるからだろう、と考えるのが自然であって、今回の場合、それが「政府関連や東電関連のプレスリリースにアクセスできなくなるかもしれないから」だというのが想像に難くない。上杉氏や岩上氏が言うところの「全部記者クラブが悪い」式のコントロールが、ここに働いているというのは、決して陰謀史観的な発想ではなく、率直に現状から類推した結果として自然に至る見解であろう。

そして今日、こんなニュースが流れた。

日本で公表されない気象庁の放射性物質拡散予測

東京電力福島第一原子力発電所の事故で、気象庁が同原発から出た放射性物質の拡散予測を連日行っているにもかかわらず、政府が公開していないことが4日、明らかになった。

ドイツやノルウェーなど欧州の一部の国の気象機関は日本の気象庁などの観測データに基づいて独自に予測し、放射性物質が拡散する様子を連日、天気予報サイトで公開している。日本政府が公開しないことについて内外の専門家からは批判が上がっており、政府の原発事故に関する情報開示の在り方が改めて問われている。

気象庁の予測は、国際原子力機関(IAEA)の要請に基づくもの。国境を越える放射性物質汚染が心配されるときに、各国の気象機関が協力して拡散予測を行う。

同庁では、東日本大震災当日の3月11日から毎日1〜2回、拡散予測を計算している。具体的には、IAEAから送られてきた放射性物質の放出開始時間や継続期間、どれくらいの高さまで上ったかを、風向きや天候など同庁の観測データを加えた上で、スーパーコンピューターに入力し、放射性物質の飛ぶ方向や広がりを予測している。

(2011年4月4日14時30分 読売新聞)

ノルウェーの飛散予測シミュレーションの結果は以前からチェックしているのだが、その結果は、この季節の特に少し暖かくなってきた頃の風の影響を色濃く反映するものだった。西高東低の気圧配置が崩れてくると、それまで西風が支配的だった福島辺りは、時間によって北風、そして南東←→北西の向きの風が吹くことが多くなる。当然フォールアウトもその風に乗る訳で、「東日本大震災・放射能影響予測システムによる試算」(2011年3月23日、時事通信社)に掲載されている、原子力安全委が去る3月23日に発表した試算結果にも、その影響が見てとれる。

僕が何を言いたいのか、と言われそうだが、これらのシミュレーションの結果を見て言える見解が「放射性物質に対する行動を原発からの半径で定めてもあまり意味がない」というものだ、ということを言いたいわけである。フォールアウトは南東と北西に偏って落ちていて、南東は海上だからあまり問題にならないけれど、北西は陸上だから、これは問題になる。原発から30キロ圏外にある北西の辺り……と見ると、最近話題の飯舘村なのである。

このようなシミュレーションの結果を政府が出そうとしないのは、そのまま出すと不都合な事情があるからだろう。何が不都合なのか、と考えるに、原発からの距離だけで避難か屋内待機、と、バカ(誤解なきように願いたいが、ここで言っているバカは規制される人々のことではなく、規制する側の人々のことである)でも誤たず言及できる今の対策を、もっと複雑で、実情に即したものに変えることにおいて、何らかの不都合があるのだろう。それは、その土地にいる人々の不都合ではない。施政者の不都合なのである。

このような現状を鑑みるに、やはりこう結論付けざるを得ないのだ:情報統制は既に始まっている、と。バカが雁首揃えて、できることはこの程度なんだから、そういうバカから先に死んでいなくなってしまえばいいのだけどねえ。そう言えば枝野官房長官を応援している人々がいるそうだけど、彼が青息吐息で帰った家がどこにあるか皆さん知ってますか?あの人はね、赤坂の議員宿舎に住んでるんですよ。まあ、あんなところじゃ、福島の寒さも飢えも、とてもじゃないけれど慮ることなどできそうもない。

2011/04/04(Mon) 16:33:16 | 社会・政治

Re:情報統制は既に始まっている

日本のメディアは、戦前は、ゾルゲなどを中心とした共産社会主義コミンテルン系列に仕切られていたようです。煽動の仕方が、ずっとバブル期から同じ方法です。当時、過激派左翼の大政翼賛会が権力を持ち、中国共産主義とも上海等でつながりが深かったのです。そこで、蒋介石や宋美麗と一緒に反日をやっていたと人達が居ました。
戦後、GHQが彼等に都合が悪い事を報道規制していました。朝鮮人の事についても入っていました。朝鮮人は、GHQが来て即、優遇されていたので。
日本の国権が回復しても、それは続いて来ていたようで、朝鮮との合併時代を知る人達が少なくなって来た頃を見計らって、日本人を虚偽で訴える人達が増えました。彼等は、日本人強姦・虐殺・虐待・搾取・強奪・リンチ等をやり過ぎていたので。従軍慰安婦問題も、日本の国権が回復する1952年に、仕返しが怖くて急に訴え出したのです。123便事故時も、阪神淡路大震災の時も、普賢岳の時も、朝鮮人が徒党組んで強奪などをやっていたとか。

一般にはあまり知られていないのかもしれませんが、日本は、戦争や植民地支配等の罪逃れ等を、他国の都合の悪い人達に押し付けられて来ていたりします。李氏朝鮮の両班が朝鮮民族を弾圧し続けていた内容も、一部すりかえられて日本人が訴えられ続けてきていました。

日中記者交換協定とかいうのがあって、それを拡大解釈して「中国に都合が悪い事を報道しないように」と日本の新聞社やテレビ局を恐喝して、一時期、お気に召さなかった報道が、「朝日」を残して中国から追放されてしまった時期も在ったとか。その為、最近でも朝日は報道が偏っていて駄目だと言われていたりしていたようです。中国内の情報を報道をするには、どうしても偏った報道でしか出来なかったのかもしれません。現在は、各社、中国内に入っているようですが…。
国連の常任理事国歴66年目の中国から、GHQ(中国も入っている)が入れ込んだ、「非核3原則」等で知られている「日本国憲法9条」を遵守している日本に対して、中国は現在、数百基の核爆弾を日本に向けているとの情報も在ります。そういった事情で、報道も政府も、立場が様々なようです。
その中でも、日本の為、日本人の為、将来の子孫達の為にと、きちっとした仕事をする為の努力をして下さっている方達も大勢居ます。その方達まで含めて一律会社を攻撃する事は避けたいものですが、個人名が判らないのと確実な確認ができないのとで、どうしても、社名とか党名とかになってしまったりしますね^_^;。でも、誠意を持って改善の努力をして下さっている方達の事は、常に念頭から外さない様にしたいと思っています。
guest(2011/04/08(Fri) 08:20:19)
Tittle: Name:

Profile

T.T.Ueda
Tamotsu Thomas UEDA

茨城県水戸市生まれ。

横山大観がかつて学んだ小学校から、旧水戸城址にある中学、高校と進学。この頃から音楽を趣味とするようになる。大学は、学部→修士→博士の各課程に在籍し、某省傘下の研究所に就職、その2ヵ月後に学位を授与される(こういう経緯ですが最終学歴は博士課程「修了」です)。職場の隣の小学校で起こった惨劇は未だに心に深く傷を残している。

その後某自動車関連会社の研究法人で国の研究プロジェクトに参画、プロジェクト終了後は数年の彷徨を経て、某所で教育関連業務に従事。

New Entries

Comment

Categories

Archives(899)

Link

Search

Free

e-mail address:
e-mail address