なぜ僕がiPodのファイルを非圧縮にしているか

昨日、Al Kooper の話を書いたときに、彼のアルバムを非圧縮で iPod に入れている、と書いた。しかし、どうも、こういうことを書くと各方面から色々とチャチャが入るもので、

「そんなん区別なんかつかないでしょう」

と言われた。ここではっきり言っておくけれど、圧縮の有無は確実に聞き分けられます。できない人には支障はないんでしょうけれど、僕にとってはこれは非常に大きな問題なんです。

こう書いても、じゃあ実際に例を提示してみろ、と言われそうだから、提示しておくことにする。

老婆心ながら書き添えておくけれど、これらの音源は、曲を書いたのも僕だし、アレンジ(ストリングセクションのアレンジは僕みたいな音楽指向の人間にとっては教養の一部なので)も、演奏(と言っても半分はコンピュータに演奏させているわけだが)も、録音も編集も全部僕がやっているので、著作権がどうとかいう問題は一切なしなので念の為。

こういう管弦楽モノより、実はロックなどの方が違いは分かりやすい。特にピアノや、ハイハット、シンバルのような倍音成分の豊富なものは、改めて聞き直していただくとその違いを実感していただけることだろう。

2011/05/14(Sat) 18:27:56 | 音楽一般
Tittle: Name:

Profile

T.T.Ueda
Tamotsu Thomas UEDA

茨城県水戸市生まれ。

横山大観がかつて学んだ小学校から、旧水戸城址にある中学、高校と進学。この頃から音楽を趣味とするようになる。大学は、学部→修士→博士の各課程に在籍し、某省傘下の研究所に就職、その2ヵ月後に学位を授与される(こういう経緯ですが最終学歴は博士課程「修了」です)。職場の隣の小学校で起こった惨劇は未だに心に深く傷を残している。

その後某自動車関連会社の研究法人で国の研究プロジェクトに参画、プロジェクト終了後は数年の彷徨を経て、某所で教育関連業務に従事。

New Entries

Comment

Categories

Archives(890)

Link

Search

Free

e-mail address:
e-mail address