モトヤフォント礼賛

大阪にモトヤという印刷関連の会社があるのだが、ここはフリーで良質なフォントを提供している。『TeX Live を使おう――Linux ユーザと Mac OS X ユーザのために――』で書いているけれど、良質な日本語フリーフォントというのはなかなか入手し難いものなので、実に貴重な存在である。

モトヤは、

  • NFモトヤシーダ1
  • NFモトヤバーチ1
  • NFモトヤアポロ1
の計3書体を、グリフの制限なし(ただしウエイトは各々1種類のみ)で無料公開している。公開 URL を知るためにはメールマガジンへの登録が必要だが、これはダウンロード後に速攻解除することもできる(おそらくは、メルマガ配布のためというよりも、どこの誰がフリーフォントを使用しているのか、ある程度把握していたいのだろうと思う)。

ただし、これらのフォントはあくまでも `Preview & Print' use only ということらしい。紙に印刷したものを公開するのには問題ないと思うが、PDF に埋め込んだものを公開するのは許諾条項的にはグレーのようだ。

……という話を『TeX Live を使おう……』に書いていたところ、 blog の方である方が教えて下さったのだが、モトヤは一昨年の秋から、Android プロジェクトに「モトヤLシーダ3」と「モトヤLマルベリ3」の2種類のフォントを Apache License で公開している。これは、ダイナラブ・ジャパン株式会社が、電子書籍用に DF パブリフォントを提供しているのにちょっと似ているけれど、Apache License ということは、フリーで提供していると言っていい状況なわけだ。

https://github.com/android/platform_frameworks_base/tree/master/data/fonts からダウンロードして調べてみたけれど、`Preview & Print' use only ということは変わっていないようだ。Apache License だから、元のこういう条項はそのまま保持されるという解釈でいい……はずだ。だから、モトヤが自社サイトで公開しているフリーフォントと基本的には同じ取り扱いをするべき、ということになるのだろう。

しかし、重複している「モトヤLシーダ3」を除いても、実に4種類(明朝っぽいのが1種類、ゴシック系2種類、デザイン系?1種類)のフォントを、グリフの制限なしでフリーで入手・使用できる、というのは、これは本当に有り難いことだと思う。フォント自体も高品質だし、Linux や TeX を使われない方も、ぜひモトヤのフォントを使用していただきたいと思う。使う価値のあるフォントだと思うからだ。

2012/02/29(Wed) 12:02:01 | コンピュータ&インターネット
Tittle: Name:

Profile

T.T.Ueda
Tamotsu Thomas UEDA

茨城県水戸市生まれ。

横山大観がかつて学んだ小学校から、旧水戸城址にある中学、高校と進学。この頃から音楽を趣味とするようになる。大学は、学部→修士→博士の各課程に在籍し、某省傘下の研究所に就職、その2ヵ月後に学位を授与される(こういう経緯ですが最終学歴は博士課程「修了」です)。職場の隣の小学校で起こった惨劇は未だに心に深く傷を残している。

その後某自動車関連会社の研究法人で国の研究プロジェクトに参画、プロジェクト終了後は数年の彷徨を経て、某所で教育関連業務に従事。

New Entries

Comment

Categories

Archives(900)

Link

Search

Free

e-mail address:
e-mail address