先週の真相

先週の体調不良だが、どうもかなり危ないところだったらしい。火曜にクリニックに行ったときにこの話をしたら、

「それは症状なんかから見ても、インフルエンザに罹患した可能性が高いんじゃないですかね」
「え。いやぁあまりに高熱が続くようだったら救急車呼ぼうと思っていたんですけど」
「……いや、やはり昏倒したとか七転八倒だったとか、明らかにおかしいですよ」
「ということは、インフルエンザに罹患して、そのまま寝ていて自然治癒した、と……」
「その可能性が高いと思います」

……とのことだ。うーむ。もし新型で重篤になっていたら、死んでいたかもしれないのだ。洒落ではなく。すぐそこに死があった、ということに、奇妙な程に感情が動かない。現状の悪さはこんなことにも影を落としているようだ。

2009/11/26(Thu) 10:54:39 | 日記
Tittle: Name:

Profile

T.T.Ueda
Tamotsu Thomas UEDA

茨城県水戸市生まれ。

横山大観がかつて学んだ小学校から、旧水戸城址にある中学、高校と進学。この頃から音楽を趣味とするようになる。大学は、学部→修士→博士の各課程に在籍し、某省傘下の研究所に就職、その2ヵ月後に学位を授与される(こういう経緯ですが最終学歴は博士課程「修了」です)。職場の隣の小学校で起こった惨劇は未だに心に深く傷を残している。

その後某自動車関連会社の研究法人で国の研究プロジェクトに参画、プロジェクト終了後は数年の彷徨を経て、某所で教育関連業務に従事。

New Entries

Comment

Categories

Archives(890)

Link

Search

Free

e-mail address:
e-mail address