sshfs

今日、ふとしたはずみで sshfs を導入してみたのだけど、何故今まで使わなかったんだろう? と思う程に便利である。

sshfs は、通信に ssh を使ったリモートファイルシステムなのだけど、slogin でログインできる相手の任意のディレクトリを、手元にひょいっと mount したり unmount したりできる。僕の場合は Debian のパッケージを使用したが、ソースからインストールするのもそう難しくはないだろう。インストール後の設定は、/etc/group の fuse(もしこの group がなければ作成する必要がある……というか、それ以前に fuse を使えるようにする必要がある)のメンバーにアカウントを追加する。それだけである。

たとえば、ネットワーク上の bar という端末に foo というアカウントを持っている場合、bar 上の /baz というディレクトリを ~/mnt にマウントしたければ、

$ sshfs foo@bar:/baz ~/mnt
とすると、パスワードを聞かれるので、それに答えれば、もう foo 上の /baz が ~/mnt にマウントされている。unmount するときは、
$ fusermount -u ~/mnt
とすればよろしい。

local で Mac OS X と Linux の間でやりとりをする場合、fugenji のサーバ(FreeBSD のサーバだが)と Linux の間でやりとりをする場合……いずれの場合も、これはかなり便利だ。いやーもっと早く使えばよかった。

2012/08/26(Sun) 19:08:02 | コンピュータ&インターネット
Tittle: Name:

Profile

T.T.Ueda
Tamotsu Thomas UEDA

茨城県水戸市生まれ。

横山大観がかつて学んだ小学校から、旧水戸城址にある中学、高校と進学。この頃から音楽を趣味とするようになる。大学は、学部→修士→博士の各課程に在籍し、某省傘下の研究所に就職、その2ヵ月後に学位を授与される(こういう経緯ですが最終学歴は博士課程「修了」です)。職場の隣の小学校で起こった惨劇は未だに心に深く傷を残している。

その後某自動車関連会社の研究法人で国の研究プロジェクトに参画、プロジェクト終了後は数年の彷徨を経て、某所で教育関連業務に従事。

New Entries

Comment

Categories

Archives(900)

Link

Search

Free

e-mail address:
e-mail address