弱り目に……

二日程前から、喉に何か違和感を感じていた。昨日になって、その違和感は炎症の苦痛へと顕在化し、更に喉から鼻の粘膜へと拡大を始めた。いかん。何処で拾ったのか、風邪をひいたらしい。

日曜。どうにも辛抱ならなくなって、ミサを休んで寝ていることにする。午前中が無為に過ぎていく。そのうちに、ある異音が気になってどうしようもなくなった。

実は、手元にいつも置いている ThinkPad X61 のファンを昨夜交換したところだった。今年の春に換えたばかりだったのだが、どうにも不調で、BIOS が Fan Error を出すことが日常的になっていたので、短期間ではあるけれど、思い切って交換ということにしたわけだ。ところが、今日になって、そのファンが異音を立てているような気がして、気になって気になってどうしようもなくなったのだ。

このファンは、thinkfan というユーティリティで回転数制御をかけている。おそらく DC モータに電圧制御がかかるということだから、本来の回転数でない回転数で駆動すると、それに起因する音を発してもおかしくはないのだろう。しかし、我が家にはニャントロ人が生息しているので、その毛が入った可能性は否定できない。ということは……はいはい、掃除すりゃいいんでしょ、掃除すりゃ。

寝床を這い出して、掃除機を持ってくる。今使っている掃除機はドイツのミーレという会社の製品なのだけど、これは吸引力が無茶苦茶強い。それを最大出力にセットして、X61 の吸気口からがんがん吸う。まあ、何があったとしても、これで完全に吸引し切ったでしょう……と、ふとキートップに目をやると、こちらにもニャントロ人の毛が何本かある。うーん……と、吸引力を弱い方から二番目に設定してから、キートップを吸っていたそのときだ。CTRL をアサインしている Caps Lock キーのトップが外れ、掃除機の中にひゅん、と消えた。やっべー、やっちまったぜ。

ぶつぶつ愚痴りながら、レジ袋のデカいのを持ってきて、その中でダストバッグを鋏で切り開く。このバッグはフィルターを兼ねていて、もう Hurra Deutschland ! とか言いたい位に丈夫なのだ。切り開くと、中はニャントロ人の毛が、もう毛糸でも紡いだらセーターの1、2着も編めるんじゃないか、という位に詰まっている……ありとあらゆる埃と一緒に。うわーと思いながら、ベランダにそれを運んで中をまさぐること2分程……ようやくキートップが見つかったのだった。

キートップを戻し、新しいダストバッグをセットした掃除機を片付けて、今僕は布団に腹這いになってこれを書いている……しんどい。まったく、こんなときに何をしているんだ僕は……

2013/10/13(Sun) 13:51:36 | 日記
Tittle: Name:

Profile

T.T.Ueda
Tamotsu Thomas UEDA

茨城県水戸市生まれ。

横山大観がかつて学んだ小学校から、旧水戸城址にある中学、高校と進学。この頃から音楽を趣味とするようになる。大学は、学部→修士→博士の各課程に在籍し、某省傘下の研究所に就職、その2ヵ月後に学位を授与される(こういう経緯ですが最終学歴は博士課程「修了」です)。職場の隣の小学校で起こった惨劇は未だに心に深く傷を残している。

その後某自動車関連会社の研究法人で国の研究プロジェクトに参画、プロジェクト終了後は数年の彷徨を経て、某所で教育関連業務に従事。

New Entries

Comment

Categories

Archives(900)

Link

Search

Free

e-mail address:
e-mail address