年越しの準備

いくら僕でも年越しの準備位はする。僕は神道ではないので、家を掃除するとか門松を飾るとかいうことには縁が無いのだけど、まぁ一人でも少しは楽しめるように、ちょこちょこと作業をするわけである。

今朝は、年越しそばの準備をしていなかったことを思い出して、汁を作っていた。市販の汁が嫌いな僕としては、そばを家で食べる以上、これ位のことはしなければならぬ。

醤油……今回は和歌山の湯浅醤油を使用……100 cc にみりんを大匙2、砂糖……今回はきび糖を使ったが、あればざらめを使うことをお薦めする……を大匙2強加えて、よくかき混ぜながら火に当てて、沸騰直前で止める。これをゆっくり冷ませば(やぶなんかだと一週間以上熟成させるそうだけど)いわゆる「かえし」ができる。ここに、強火で煮立ててとったかつおだし(できれば分厚く削った鰹節を「え、もったいない!」と思うくらい使うと言うことはない)を、かえし:だし = 1 : 3 の割合で加えて、そのままビンにつめて出来上がり。今夜食べるのに、即席で作る分には間に合う(いや、寝かせる時間を確保すればこのままのレシピで店でも出せるのだけど)。

そばは乾麺の十割を毎年使っている。有名で人がおしかける蕎麦屋に限って、持ち帰りのそばは手抜きがちになるし、そもそもそういう意味で愛知県の店自体が信用できないので、僕は決して愛知県では生そばは買わない。まぁこんなことを書いているとグルメかとか言われそうだけど、金がそんなにかかるわけでもないし、皆さんにもぜひこのような年越しそばをお薦めしたい。

2009/12/31(Thu) 09:59:15 | 日記
Tittle: Name:

Profile

T.T.Ueda
Tamotsu Thomas UEDA

茨城県水戸市生まれ。

横山大観がかつて学んだ小学校から、旧水戸城址にある中学、高校と進学。この頃から音楽を趣味とするようになる。大学は、学部→修士→博士の各課程に在籍し、某省傘下の研究所に就職、その2ヵ月後に学位を授与される(こういう経緯ですが最終学歴は博士課程「修了」です)。職場の隣の小学校で起こった惨劇は未だに心に深く傷を残している。

その後某自動車関連会社の研究法人で国の研究プロジェクトに参画、プロジェクト終了後は数年の彷徨を経て、某所で教育関連業務に従事。

New Entries

Comment

Categories

Archives(890)

Link

Search

Free

e-mail address:
e-mail address