V847 mod

ワウを使うときにいつも困るのが、フィルターの効き具合をどのように設定するか、ということだ。これに関しては、機械的な要素(ポットのピニオンギアとペダルのラックの噛み合わせ)もあるし、コンデンサやインダクタ、抵抗の設定もあるので、どのように設定するか、というのは本当に悩ましいところなのだ。

以前に書いたように、僕の使っているワウの場合は、いわゆる Clyde McCoy と呼ばれる最初期のワウと同じ回路構成にしてあるわけだけど、この昔の構成と、現行の V847 の回路との最大の相違が、インダクタと並列に入っている抵抗の値である。現行はたしか 33 kΩ になっていたはずだけど、僕の場合はここを 100 kΩ に変更してある。こうするとフィルタの Q(選択度)が上がって、ワウのかかり方がきつくなるわけだけど、僕の使い方ではこれはやはり少々キツいかもしれない……と、ここ何日か使っていて思うわけだ。うーむ。ここを半固定抵抗に換装した方が良いかもしれない。手元に丁度 100 kB の VR もあるんだが、外から調整できるようにする程でもないかもしれないしなあ……それか、スイッチで 33 k と 100 k を切り替えられるようにしても良いかもしれない。インダクタ周辺の素子に関して配線を引き回すのはあまり気持ちの良いものではないんだが……

まあ、こんな調子である。早く落ち着けて、録音に集中しなければならないのだが……

2015/05/02(Sat) 17:10:13 | 音楽一般
Tittle: Name:

Profile

T.T.Ueda
Tamotsu Thomas UEDA

茨城県水戸市生まれ。

横山大観がかつて学んだ小学校から、旧水戸城址にある中学、高校と進学。この頃から音楽を趣味とするようになる。大学は、学部→修士→博士の各課程に在籍し、某省傘下の研究所に就職、その2ヵ月後に学位を授与される(こういう経緯ですが最終学歴は博士課程「修了」です)。職場の隣の小学校で起こった惨劇は未だに心に深く傷を残している。

その後某自動車関連会社の研究法人で国の研究プロジェクトに参画、プロジェクト終了後は数年の彷徨を経て、某所で教育関連業務に従事。

New Entries

Comment

Categories

Archives(898)

Link

Search

Free

e-mail address:
e-mail address