Bye, 61, hello, 230.

この何年間か、THinkpad X61 を使っていたわけだけど、さすがにもう限界だ。CPU の処理能力もそうだけど、何より筐体がもうガタガタな上に、SO-DIMM DDR2 メモリが入手困難な上に高いのだ。これでは 8 GB への増設は無理な話である。しかしまあ、10年位前のモデルを、よくもまあこれだけ使っていたものだ。いい加減、更新しても良い頃合いだろう。

しかし、持ち歩くこと、拡張性、そして Thinkpad 235 以来使っているトラックポイントのことを考えると、やはり新しいノートも Thinkpad の方が良い。となると……ということで、色々考えた挙句に Thinkpad X230 を購入することにした。

当初は、X61 に入れていた HDD をそのまま X230 に移植するつもりだったのだが、X230 は薄い HDD しか入らないことが判明。うーん、と考えた挙句、mSATA の SDD (256 GB) を購入することにした。これは SATA の範疇だから、SSD からちゃんと boot できるし、元の HDD はそのまま残して、Linux の /home や /var 等、あるいは NTFS パーティションを作成して Windows とのデータ共有 / 交換に使えば良い。これはなかなか悪くない感じだぞ。

で……今、この段落からの文章は X230(shannon-x230 と命名)で書いているのだけど、いやー、至極快適である。キーボードのピッチが少々変わった(こちらの方が本来のピッチなのだけど)のもあるんだが、まだ早打ちということでは少々慣れていない。しかし、SSD はかなり良い買い物だったと思うなあ……

ちなみに、どのように SSD を使っているのか、というと、HDD = /dev/sda と SSD = /dev/sdb に対して、

  • /dev/sdb2 on /windows type ntfs (read only)
  • /dev/sdb4 on / type btrfs
  • /dev/sda1 on /wintmp type ntfs
  • /dev/sda2 on /home type xfs
  • /dev/sda5 on /usr/local type xfs
  • /dev/sda6 on /usr/src type xfs
  • /dev/sda7 on /var type xfs
どういうことかというと、要するにガリガリライトが発生するところは HDD に逃がしている、ということだ。Windows 10 の方も、上の /dev/sda1 を D: にしてあって、ブラウザのダウンロードフォルダ等にはこちらを使うようにしてある。Windows 上のデータの一部は Linux でも共用するところがあるのだが、それに関しては C: に相当する SSD 上のパーティションを read only でマウントして読んでいる。勿論、SSD で爆速で使うんだったらこんな使い方をすべきではないんだろうが、ガリガリ make する人間としては、そうそう何もかも SSD 上でする気には、とてもじゃないがなれないのである。

しかしねえ。もともと mSATA の SSD ってのは小さな容量の品しかなくて、それをキャッシュにして Windows ReadyBoost に活用するための位置付けだったんだけど、今や 512 GB の品だって買えて、しかも 2.5 inch の品と値段はそう違わない。つまりは、HDD のベイがひとつ多く使えるってわけだ。しかも ExpressCard スロットがあるから、手持ちの eSATA カードや IEEE 1394 のカードもそのまま使える。そして USB3.0 が3つ付いているわけで、拡張性ということで言うならばまあ強力である。もう出て3年以上経っているこのモデルなわけだけど、またしばらくはこれでいくことになりそうだ。

2016/02/26(Fri) 16:27:07 | コンピュータ&インターネット
Tittle: Name:

Profile

T.T.Ueda
Tamotsu Thomas UEDA

茨城県水戸市生まれ。

横山大観がかつて学んだ小学校から、旧水戸城址にある中学、高校と進学。この頃から音楽を趣味とするようになる。大学は、学部→修士→博士の各課程に在籍し、某省傘下の研究所に就職、その2ヵ月後に学位を授与される(こういう経緯ですが最終学歴は博士課程「修了」です)。職場の隣の小学校で起こった惨劇は未だに心に深く傷を残している。

その後某自動車関連会社の研究法人で国の研究プロジェクトに参画、プロジェクト終了後は数年の彷徨を経て、某所で教育関連業務に従事。

New Entries

Comment

Categories

Archives(890)

Link

Search

Free

e-mail address:
e-mail address