聖書は続く

相も変わらず聖書関連の書きものをしているのだけど、あーそう言えばこんなものあったなぁ、と興味深く聖書を読み返す日々である。

『誰も教えてくれない聖書の読み方』(ケン・スミス 著、 山形浩生 訳、 晶文社、 2001年)にも書かれている有名なものに、こんなのがある。

サタンがイスラエルに対して立ち、イスラエルの人口を数えるようにダビデを誘った。

歴代誌上 21:1

主の怒りが再びイスラエルに対して燃え上がった。主は、「イスラエルとユダの人口を数えよ」とダビデを誘われた。

サムエル記下 24:1

この旧約聖書の異なる2箇所は、同一の内容が書かれていなければならないのだけど、片方の主語は「サタン」、もう片方は「主」=「神」。こういう不可解な記述は、実は聖書を読んでみるとあちらこちらに転がっている。

『誰も……』に引用されている部分でおそらく最も笑いを誘うのはこれだろう。

エリシャはそこからベテルに上った。彼が道を上って行くと、町から小さい子供たちが出て来て彼を嘲り、「はげ頭、上って行け。はげ頭、上って行け」と言った。エリシャが振り向いてにらみつけ、主の名によって彼らを呪うと、森の中から二頭の熊が現れ、子供たちのうちの四十二人を引き裂いた。

列王記下 2:23-24

……いや、本当に、こう書いてあるんですよ、聖書には(上引用部はいずれも新共同訳から引用)。そういうものなのですよ、聖書というのは。これが受容できるかどうか、を、僕はカトリック信者の教条主義に毒されているかどうかの判断にしばしば用いているのだけど、世の中にはこういうことに脊髄反射的拒否反応を示すカトリック信者のなんと多いことか!受洗して30年以上、祖父の代から3代続いたカトリックとしては、こんなこと位でキャンキャン吠える連中にはさっさと消えていただきたいと思うのだけどね。

2010/02/08(Mon) 18:38:41 | 日記

Re:聖書は続く

ありがとうございます。
今後とも、よろしくお願い申し上げます。
がたがた(2010/02/11(Thu) 01:15:12)

Re:聖書は続く

がたがた さん:

リンクの件、了解しました。そもそもリンクして有効に活用していただくために公開しているものですので、お役に立てば幸いです。
Thomas(2010/02/10(Wed) 11:30:12)

Re:聖書は続く

はじめまして。

該当記事に迷ったので、先頭記事にコメントさせて頂きたく思います。

ほんの小さなブログを匿名で運営しているものです。HNがたがたと名乗っております。
おっさんヲタらしくアニメのレビューブログをやってたつもりが、意外と若い方の訪問が多く
拙ブログでネットの匿名性と実名の差や、それに絡む危険性に関する記事を作成して公開しておりましたが
貴サイトにて非常にすばらしい注意喚起のページがありましたので、無断でリンクさせていただきました。
また、Thomas様のツイッターに関してのお考えにも同調すること多多でしたので、そちらにも。
もしなにか問題あるようでしたら仰られて下さい、即刻削除させて頂きます。

該当記事はこちらです。
http://animecut.blog89.fc2.com/blog-entry-90.html

突然失礼いたしました。
がたがた(2010/02/10(Wed) 11:17:44)
Tittle: Name:

Profile

T.T.Ueda
Tamotsu Thomas UEDA

茨城県水戸市生まれ。

横山大観がかつて学んだ小学校から、旧水戸城址にある中学、高校と進学。この頃から音楽を趣味とするようになる。大学は、学部→修士→博士の各課程に在籍し、某省傘下の研究所に就職、その2ヵ月後に学位を授与される(こういう経緯ですが最終学歴は博士課程「修了」です)。職場の隣の小学校で起こった惨劇は未だに心に深く傷を残している。

その後某自動車関連会社の研究法人で国の研究プロジェクトに参画、プロジェクト終了後は数年の彷徨を経て、某所で教育関連業務に従事。

New Entries

Comment

Categories

Archives(899)

Link

Search

Free

e-mail address:
e-mail address