アートとエンターテインメント、どちらが歴史に残るのか

浅田真央選手と金姸兒選手のフィギュアの演技を観たのだが、僕の率直な感想は、この標題に記した通りだ。勿論、僕は歴史に残るのはアートの方だと信じているわけだけど。

僕はいわゆる自称民族派の連中のお先棒担ぎをしたくはないのだけど、特に韓国における金姸兒選手と、それ以外の女子フィギュアスケート選手に対する報道・風評は「あまりにひどい」の一語に尽きる。どうひどいのか、は、以下をご覧いただければお分かりかと思う。

勿論、これはあくまで二次資料ではあるのだけど、朝鮮日報等の日本語サイトを見ていても、金姸兒選手に関しては偏向的なコメントが散見されるのが現状である。

自国の選手を讃えることは一向に構わない。しかし、その行為と、他国の選手を貶める言動は明らかに別次元の代物であって、後者は唾棄されるべきものなのだ。これは僕が右だろうが左だろうが、おそらく何の変わりもなく主張し得ることであろう。

まあこの手の話は書き出したらキリがない。男女差がない ISU のジャッジングシステムにおいて、あのプルシェンコよりも金姸兒選手の方が演技構成点が高いのは何故なのか?とか、どうして ISU の審判講習会が韓国で行われたのか?とか、そんなことだらけなのだ。ただし……点を取るための演技、エンターテインメントのための演技が、アートとしての存在意義を問う演技を超えられる筈はないし、たとえオリンピックのメダルがそれを証明しなくとも、歴史がそれを証明することだろう。物言えば唇寒し……の心境なので、これ以上書かないけれど。

2010/02/24(Wed) 15:27:44 | 社会・政治
Tittle: Name:

Profile

T.T.Ueda
Tamotsu Thomas UEDA

茨城県水戸市生まれ。

横山大観がかつて学んだ小学校から、旧水戸城址にある中学、高校と進学。この頃から音楽を趣味とするようになる。大学は、学部→修士→博士の各課程に在籍し、某省傘下の研究所に就職、その2ヵ月後に学位を授与される(こういう経緯ですが最終学歴は博士課程「修了」です)。職場の隣の小学校で起こった惨劇は未だに心に深く傷を残している。

その後某自動車関連会社の研究法人で国の研究プロジェクトに参画、プロジェクト終了後は数年の彷徨を経て、某所で教育関連業務に従事。

New Entries

Comment

Categories

Archives(899)

Link

Search

Free

e-mail address:
e-mail address