上海総領事館員自殺事件

中井洽(ひろし)国家公安委員会委員長の女性問題に関して、「ハニートラップだったらどうするのか」という声が上がっているという。この指摘は、北朝鮮の工作員だった場合の危険性などを懸念したものだ、というのだけど、いやそこで警戒するのは北朝鮮じゃないでしょう、と思ったのは僕だけだろうか。

ハニートラップを警戒するのであれば、誰が何と言ったって怖いのは中国である。何せ、中国には前科があるのだから。その名も「上海総領事館員自殺事件」という。

2005年末、この事件が明るみにでたときに、僕は戦慄したのを覚えている。事件そのものに、と言うよりは、世間のあまりの無関心さと、日本政府のあまりの静かな対応に戦慄したのだけど、外交特権を以てしても尚、この自殺した職員に「国を売る以外に生きて出国できないだろう」と思わせたあの国は一体何なのだろう。ネットワークに関しても、彼の国は「金盾(ジンドゥン)」と呼ばれる巨大な情報統制システムを既に稼動させている。今、ネットワークフィルタリングの技術で世界のトップを走っているのは中国だ、というのは、この手の知識を持つ人々の間ではもはや常識である。

僕達が日頃つい忘れかけていることなのだけど、彼の国は、どれだけ経済的に開放しているように見えても、政治レベルにおいては、この21世紀において尚一党独裁国家なのである。どれだけ開放的に見えても、どれだけバブルに酔おうと、このことだけは忘れてはならない。某国家公安委員会委員長は、こういうことはすぱっと頭の中から抜け落ちているようだけれども。

2010/03/25(Thu) 22:06:06 | 社会・政治
Tittle: Name:

Profile

T.T.Ueda
Tamotsu Thomas UEDA

茨城県水戸市生まれ。

横山大観がかつて学んだ小学校から、旧水戸城址にある中学、高校と進学。この頃から音楽を趣味とするようになる。大学は、学部→修士→博士の各課程に在籍し、某省傘下の研究所に就職、その2ヵ月後に学位を授与される(こういう経緯ですが最終学歴は博士課程「修了」です)。職場の隣の小学校で起こった惨劇は未だに心に深く傷を残している。

その後某自動車関連会社の研究法人で国の研究プロジェクトに参画、プロジェクト終了後は数年の彷徨を経て、某所で教育関連業務に従事。

New Entries

Comment

Categories

Archives(899)

Link

Search

Free

e-mail address:
e-mail address