皆さん、マニフェストを読み返してみましょう

この日記でも過去に「がんとワクチンに関するメモ」で書いているけれど、子宮頸がんのワクチンである Cervarix が昨年末に日本でも発売されている。とにかく、子宮頸がんの原因がヒトパピローマウイルスであることははっきりしているし、この Cervarix を接種しておけば、7割以上(これは他のワクチン、たとえばインフルエンザワクチンなどと比較しても十分な値である)の確率で感染を予防できる。問題は4〜6万円かかる任意での接種費用で、各地方自治体が全額、もしくは一部の援助に向けて動いている、という話をニュースで耳にすることも多い。昨日も、こんなニュースが流された:

子宮頸がん予防に助成を=女優の仁科さんが小沢氏に要望

民主党の小沢一郎幹事長は8日午後、国会内の幹事長室で女優の仁科亜季子さんの訪問を受けた。仁科さんが子宮頸がん予防ワクチンの公費助成を要望すると、小沢氏は「がんばれ」と激励。同席した衆院厚生労働委員会所属の仁木博文氏に、「委員会で問題を提起してくれ。バックアップする」と対応を指示した。

仁科さんは38歳の時に子宮頸がんを発症しており、要望を終えた後「心強く思っている」と語った。

(2010/04/08-20:34, 時事通信社 id

……いや、仁科さん。そんな低姿勢でどうするんですか。あなたはもっと怒っていいんですよ。小沢を「約束を守れ!」と怒鳴りつけるべきなんですよ。小沢ごときが『「委員会で問題を提起してくれ。バックアップする」と対応を指示』しているのを、黙って見ていちゃ駄目ですよ。仁科さんも含めて、皆さん、何か忘れちゃいませんか?民主党のマニフェスト、皆さん本当に読まれていますか?これの pp.19 に、ちゃんとこういう風に書かれているんですよ:

23. 新型インフルエンザ等への万全の対応、がん・肝炎対策の拡充
【政策目的】

○新型インフルエンザによる被害を最小限にとどめる。
○がん、肝炎など特に患者の負担が重い疾病等について、支援策を拡充する。
【具体策】
○新型インフルエンザに関し、危機管理・情報共有体制を再構築する。ガイドライン・関連法制を全面的に見直すとともに、診療・相談・治療体制の拡充を図る。ワクチン接種体制を整備する。
○乳がんや子宮頸がんの予防・検診を受けやすい体制の整備などにより、がん検診受診率を引き上げる。子宮頸がんに関するワクチンの任意接種を促進する。化学療法専門医・放射線治療専門医・病理医などを養成する。
○高額療養費制度に関し、治療が長期にわたる患者の負担軽減を図る。
○肝炎患者が受けるインターフェロン治療の自己負担額の上限を月額1万円にする。治療のために休業・休職する患者の生活の安定や、インターフェロン以外の治療に対する支援に取り組む。
【所要額】
3000 億円程度

上記赤強調部(筆者による)に相当する施策をする、ってことですよね。実態はどうです。何もしていないじゃないですか。小沢も、なにが「がんばれ」だっつーの。他人を慮ることもなしにこんなことを言うのならば、いっそ自分ががんになって、その苦しみを味わって、自分自身で「がんばって」みればいいんだよ。

2010/04/09(Fri) 10:14:05 | 社会・政治
Tittle: Name:

Profile

T.T.Ueda
Tamotsu Thomas UEDA

茨城県水戸市生まれ。

横山大観がかつて学んだ小学校から、旧水戸城址にある中学、高校と進学。この頃から音楽を趣味とするようになる。大学は、学部→修士→博士の各課程に在籍し、某省傘下の研究所に就職、その2ヵ月後に学位を授与される(こういう経緯ですが最終学歴は博士課程「修了」です)。職場の隣の小学校で起こった惨劇は未だに心に深く傷を残している。

その後某自動車関連会社の研究法人で国の研究プロジェクトに参画、プロジェクト終了後は数年の彷徨を経て、某所で教育関連業務に従事。

New Entries

Comment

Categories

Archives(899)

Link

Search

Free

e-mail address:
e-mail address