「バターン死の行進」が虐待ではない?

mixi でマイミクの某氏が、「バターン死の行進」に対して岡田外相が謝罪した件に関して、「原爆等でこっちもひどい目に遭ってるのに何故謝罪しなきゃならないんだ」という旨のコメントをされていた。まあ、ここまでは感情論(感情論だからつまらない、というのではなく、感情としてこういう念を抱く人がいても無理からぬことかな、という意味)だから構わないのだけど、そこにフォローするかたちでこんなコメントがついていたのが妙に気になった:

日本兵も荷物背負って一緒に歩いてるんだから、これは虐待じゃない。
……実は、昨日から、ネットでこのような感想をあちこちで目にするのだけど、どうにも頭の痛い思いをしている。

前にも blog に書いたことがあるけれど、靖国問題に関するテレビの討論番組で、聴衆として参加していた大学生の女性が、こんなコメントをするのを観たことがある:

靖国神社は他の神社と同じ神社なのに、どうして靖国だけ攻撃されなければならないのか。
面白かったのは、このとき討論に参加していた人々が皆、靖国への賛否の別なしに、

「いや、それは……」

と声を上げたことだった。少しの間を置いて、教師をしているという女性が、ため息をつきながら、靖国神社が戊辰戦争の戦没者を慰霊するために建立された、「戦没者慰霊のための神社」であることを説明したのだけど、件の大学生の女性は、まるでカエルの面に小便、という態だった。最近、どうもこの手の「世界は自分に見えている部分しか存在しない」とでも言うような……「唯我論者」とでも言うような手合いが増殖しているのだ。

バターンの話に戻ろう。「日本兵も一緒に歩いているから虐待じゃない」というけれど、捕虜と日本兵の状況が等しくて、どちらも歩くのに問題がないならばそう言えるかもしれない。しかし、太平洋戦争時の日本軍の捕虜に対する処遇が極めて劣悪なものであったことは有名な話である。勿論、たとえばソ連の日本人捕虜への処遇のような、日本人側が極めて劣悪な環境におかれた例も存在するけれど、だから日本も捕虜をそう取り扱っていいという理由にはならない。

「バターン死の行進」が悪質な捕虜虐待であった、というのは、残念ながら事実である。これにはいくつかの理由があるのだけど、まず当時の捕虜の状態を考えなければならない。当時のフィリピンにおける捕虜の状況は非常に劣悪なものであり、特に傷病兵への治療が満足になされていない、という問題があった。捕虜の中には、マラリア、赤痢、デング熱に感染していた者が少なからず存在した。

戦前の日本は、主に台湾を中心としたキナノキの栽培、そしてキニーネの生産が行われていて、一時はキニーネの生産高において世界第二位を記録していた。勿論これは、いわゆる大東亜共栄圏の形成においてキニーネが重要な薬剤になることを意識していたのが大きいと思われるのだが、そんな日本のバターンにおける捕虜の中に、マラリアに罹患し、その後も十分なマラリアの治療が行われていない者が相当数いたことは事実である。

このような事実を、日本軍が無視していたわけではない。いわゆる「死の行進」が行われたのは、バターン半島のマリベレスからサンフェルナンドまで、合計 88 km の行程だったのだが、当初の捕虜移送計画では、間にバランガを挟んで、マリベレス―バランガの約 30 km を徒歩で移動し、バランガ―サンフェルナンド間の約 50数 km はトラック200台を用いて移送を行うことになっていた。ところが、実際にはトラックの大部分が修理中であり、残りのトラックも物資輸送に割り当てたために、当初予定していたトラックによる移送が徒歩に切り替えられたのである。「死の行進」における死者の多くはマラリアなどに罹患した傷病兵であり、しかもこのバランガ―サンフェルナンド間で亡くなっている。つまり、治療がなされなかった傷病兵が多数存在する状況で、彼らに対して極めて過酷な徒歩行程による移送を強行したことこそが、まずは「虐待」と言わざるを得ないのである。

そして、バターンの問題において知っておかなければならないのが、辻政信という人物の存在である。辻は当時、独断で「米軍投降者を一律に射殺すべし」との命令を、大本営からの指示として口頭で伝達している。ところが、実際には大本営はこのような命令を出していないのである。また、辻は「この戦争は人種間戦争」であり、「アメリカ人兵士は白人であるから処刑、フィリピン人兵士は裏切り者だから同じく処刑しろ」と明言している。この辻の扇動によって、捕虜に対する虐待・私刑が実際に行われているのだ(賢明な何人かの軍人は、この命令に信憑性がないと判断し、逆に捕虜を釈放したりもしているのだが)。

「バターン死の行進」で病死、あるいは虐待などで死亡した捕虜は7000人〜10000人と言われており、そのうち米軍捕虜は約2300人であったと記録されている。僕はこの件に関してはまずフィリピンに謝罪すべきだと考えているが、日本が今まで謝罪しなかったのは、やはり適切ではないと言わざるを得ない。このタイミングで……と思う方は多いかもしれないけれど、いつかはちゃんとしなければならないことのひとつだったのは、間違いのないところである。

しかし……だ。こういうことはちょっと調べればすぐにわかりそうなものなのだけど、どうして軽々に「日本軍の軍人も一緒に歩いたんだから虐待じゃない」なんて言えるんだろう。頭が膿んでるんじゃないの?

2010/09/14(Tue) 13:49:11 | 社会・政治

Re:「バターン死の行進」が虐待ではない?

そうですね。この何年かの東シナ海の諸問題は、まさに戦後処理をいい加減にしてきたツケと言っても過言ではないでしょう。ドイツの例などから考えると、戦争における諸問題はもっと早くに総括されるべきだったのだと思います。たとえば南京の問題にしても、検証が困難な現在まで放置されてきたからこそ、中国側の現実離れした数字と、日本の極論者の「なかった」発言が共存する、という状態になってしまっているわけで、そういう意味からも、僕達はもっともっと歴史を学び、数多くの証言から考えるという行為を大切にしなければならないのだろうと思います。
Thomas(2010/09/14(Tue) 16:26:47)

Re:「バターン死の行進」が虐待ではない?

ご指摘はごもっともだと思いますし、私は過去に瀬島や辻、服部等の陸軍の作戦の根幹を担った者たちが、大した責を負わずに生きた事を許せないと思って、批判したこともあります。辻が戦中に主導した作戦の酷さについては十分に認識しています。
この国はやはりまだ戦後を上手く克服できていません。領海侵犯した中国への弱腰、韓国警察がいる竹島も放置、北方領土に至っては何の進展もなし。これに加えて今回の外相による「旧米兵」に対する謝罪。戦後処理はどうなっているのか?と言うフラストレーションの現れではないでしょうか?戦勝国であるが故に原爆等は正当化され、戦敗国であるが故に戦争時の罪を永遠に掘り起こされ謝罪と賠償を続けさせられるこの状況・・・。
guest(2010/09/14(Tue) 15:52:03)
Tittle: Name:

Profile

T.T.Ueda
Tamotsu Thomas UEDA

茨城県水戸市生まれ。

横山大観がかつて学んだ小学校から、旧水戸城址にある中学、高校と進学。この頃から音楽を趣味とするようになる。大学は、学部→修士→博士の各課程に在籍し、某省傘下の研究所に就職、その2ヵ月後に学位を授与される(こういう経緯ですが最終学歴は博士課程「修了」です)。職場の隣の小学校で起こった惨劇は未だに心に深く傷を残している。

その後某自動車関連会社の研究法人で国の研究プロジェクトに参画、プロジェクト終了後は数年の彷徨を経て、某所で教育関連業務に従事。

New Entries

Comment

Categories

Archives(900)

Link

Search

Free

e-mail address:
e-mail address