4 - 3 = 1, ≠ 0

明日から中国は一週間、「国慶節」と呼ばれる建国宣言記念の祝日に入る。この休日を控えた今日、中国当局に拘束されていた建設会社「フジタ」の日本人社員4人のうち、3人が解放された。解放されたのは、佐々木善郎、橋本博貴、井口準一の三氏で、現在もなお拘束されているのは高橋定氏とのことである。

中国政府は、この三人を解放した理由として「始末書を提出したため」と、所定の手続に則ったものであることを強調しているが、勿論こんなことが信用できるわけではない。昨日の blog にも書いたとおり、民主党の細野豪志議員が非公式に訪中しており、ここで何らかの交渉が行われた結果だと思われる。

しかしだなあ……中国で取材を受けた細野氏、「これは公式の訪問ではありません」と言いながら、外交部(日本の外務省に相当)の用意したクルマに乗ってたら、アンタ説得力ゼロだろうが。阿呆らしい。まあ、下らんことはどうでもいいんだけど、細野氏は小沢派の議員で、先日の代表選までは幹事長代理を務めていた。だから、小沢氏経由の中国のパイプをつてとして、現政権が中国に送った密使(と言ってもちっとも秘密になっていないんだが)とみて間違いないだろう。

そもそも中国に使者を送るなら、かつてアメリカが北朝鮮にカーター元大統領を送ったように、小沢氏を特使として送れば、中国側のメンツを保たせる上でも効果的だったはずなのだ。ただでさえ、民主党が中国に対してまともなパイプを持っていないことは、以前からよく知られているところである。そこで効果的な手を打てない辺り、管 = 仙石のタッグは、つくづく挙党一致から程遠いところにあるのが、これを見ても明らかであろう。

僕自身は、戦争はもうすべきでないと考えているし、憲法第9条に関しても、むしろこれを持ち続ける方がいいのではないかと考えている。しかし、だ。戦争をしないのであれば、戦争を行うに匹敵する外交力を駆使しなければ、日本という国は、この東アジアの地において到底たち行かないのだ。それは時に圧力をかけるようなことかもしれないし、第三者をうまく使ったかけひきかもしれない。いずれにしても、軍事力に代わる何事かで、毎年軍事費がうなぎのぼりの国と相対する、というのは、これは半端なことではない。

そういう意味において、現政権、特に内閣総理大臣と内閣官房長官は、あまりに問題意識と責任感がなさすぎる。外国人が見る日本人のステロタイプを体現している、としか言いようがない。そんなメンタリティーで国際社会の中でイニシアチブを握ることなど、到底能わざることなのだ。この期に及んでも尚、彼らはこんなことも分からないのだろうか。

2010/09/30(Thu) 14:36:47 | 社会・政治

Re:4 - 3 = 1, ≠ 0

外交なんかいう前に、日本はなぜアメリカの軍事費を批判しないの?米国は正義だから?
guest(2010/09/30(Thu) 17:54:16)
Tittle: Name:

Profile

T.T.Ueda
Tamotsu Thomas UEDA

茨城県水戸市生まれ。

横山大観がかつて学んだ小学校から、旧水戸城址にある中学、高校と進学。この頃から音楽を趣味とするようになる。大学は、学部→修士→博士の各課程に在籍し、某省傘下の研究所に就職、その2ヵ月後に学位を授与される(こういう経緯ですが最終学歴は博士課程「修了」です)。職場の隣の小学校で起こった惨劇は未だに心に深く傷を残している。

その後某自動車関連会社の研究法人で国の研究プロジェクトに参画、プロジェクト終了後は数年の彷徨を経て、某所で教育関連業務に従事。

New Entries

Comment

Categories

Archives(900)

Link

Search

Free

e-mail address:
e-mail address