愚策・頭の下がらない人

「愚策」現在の政治状況において、これ程その現状を端的に表現する言葉があるだろうか。

まず、首相や内閣関係者を含めた人々が、これ程までに自分の言行に責任を持たない、ということに呆れさせられる。たとえば農作物の問題にしても、放射性降下物に汚染されている、という話を公表する前に、それを公表した際にどのような影響が出るのか、そしてそれにどのように対処すべきなのか、を考えるべきであろう。まず最初に、ヨウ素131が比較的 hot な核種であって、これに関しては何年もその影響が続くわけではないことを明示してから、それに汚染された農作物について言及しなければならないし、その結果市場に出せなくなった農作物に関しては、買い上げなどの保障を行う必要がある。そういうことをちゃんとしないから、汚染のニュースが流れたとたんに、全頭殺処分・廃業を決めた酪農家が出てくるのだ。酪農家が、どんな思いで牛を飼っているのか、連中は毛程も知らないし、知ろうともしないのだ。

そして、賠償問題について「第一義に東京電力に責任がある」などと言い切る官房長官。そりゃ道義的にはそうだろう。しかし、これだけの被害に対して東電が弁済を行ったら、いかに東電と言っても、そりゃ早々に潰れるに決まっている。そうなったら、福島第一原発の面倒は誰がみるのか。勿論、生活インフラに直結した企業をそう簡単に潰すわけにはいかないから、結局は公金投入ということになるんだろう。しかし、そういうプロセスを経て金が動き、最終的に弁済される側の手に渡るまでに、どれ程の時間が必要だと思っているのだろうか。そんなことをしている間に、農家や酪農家、そして家や職場を潰された人々の中で首でも括る人が現れるのに、そう時間はかからないだろう。人が生きるということは、それ程までに切迫した問題を孕んでいるものだし、それに施策を向けるのが国のミッションなのではないか。

このようなことを見るにつけ、頭に浮かんでくる言葉が「他人事」。そうなんだよな。プロ野球のコミッショナーに東電圏外でのナイトゲームを提案することもできないオツムの軽い省エネ担当大臣とか、自分達の責任負担を避けるために思考能力を使っているとしか思えない官房長官とか、雨が降ったからと視察を中止する総理大臣とかね。悉く、皆揃って、他人事である。

他人事と言えば、東京電力の清水正孝社長と藤本孝副社長である。記者会見のときの光景を、僕は忘れることができない。実部担当者が皆最敬礼で頭を下げる中で、中央の社長は、ひょこ、と頭一つ軽く下げただけ。副社長会見のときも同様であった。これでは実務担当者がたまったものではない。会社組織のお偉いさんというのは、こういうときに頭を下げたり腹を切ったりするために普段高給を貰っているのだ、ということが、彼らには全く分かっていない。

特に藤本孝氏(この人、電気学会の会長なんだよな……実は)は、海外メディアにまでキャバクラ通い云々の醜聞を報道されている始末。酒の飲み方が意地汚い人間を、僕は信用しない。東電唯一の理系出身取締役がこの体たらくでは、この会社も知れたものだ、と言うしかない。

まあ、とりとめもなく書いているわけだけど、それにしてもひど過ぎる。今回の地震が日本の rebuild を前にした scrap 化現象だ、などというひどいことを言っている連中もいるようだけど、まずは腐った頭を潰すところから始めなければ、現状が良くなろうはずがない。このままでは、1億総スクラップである。

2011/03/23(Wed) 11:21:34 | 社会・政治
Tittle: Name:

Profile

T.T.Ueda
Tamotsu Thomas UEDA

茨城県水戸市生まれ。

横山大観がかつて学んだ小学校から、旧水戸城址にある中学、高校と進学。この頃から音楽を趣味とするようになる。大学は、学部→修士→博士の各課程に在籍し、某省傘下の研究所に就職、その2ヵ月後に学位を授与される(こういう経緯ですが最終学歴は博士課程「修了」です)。職場の隣の小学校で起こった惨劇は未だに心に深く傷を残している。

その後某自動車関連会社の研究法人で国の研究プロジェクトに参画、プロジェクト終了後は数年の彷徨を経て、某所で教育関連業務に従事。

New Entries

Comment

Categories

Archives(900)

Link

Search

Free

e-mail address:
e-mail address