禁断の果実の歯型

不明にして最近まで知らなかったのだけど、 筑波大学プラズマ研究センター長の長照二博士が Phys. Rev. Letter に発表したデータに改ざんがあったとして懲戒解雇の処分を受けた、というのが問題になっているらしい(参考:この問題を糾弾するサイト)。

で、その問題を取材した『報道特集 NEXT』を観たのだが……これぁひどすぎる。明らかにこれは冤罪だろう。

まず、問題とされた(全体の観測結果の中で)瑣末なデータに関するグラフを、主要なプロットのデータを抜かれているにも関わらず、1 % 未満の誤差でグラフが再現できているのならば、これは「グラフが再現されている」と言って何の差し支えもあるまい。もし僕が同じ立場で、決定的なデータが抜かれていたとしたら、追試なしにグラフをこの精度で再現するのはまず無理だと思う。逆に言うならば、それだけ予備データを積んだ上でのグラフだったわけだ。それの再現性を以て「捏造」というのは、もはやお話にならない。

この問題の根が何なのかは明白だ。文科省管轄の研究機構……原研と核融合研……が共にトーラス型の炉(後記:ここは「トカマク」と書いていたけれど、正確には核融合研の方はヘリカルコイルによる磁気遮蔽を採用しているので、このように書き直すこととする……以下同様)に取り組んでいることがまずひとつ。トーラスで研究プロジェクトを完遂するためには、予算の一部たりとも削られたくはなく、磁気ミラー型のような「トーラスじゃなくても磁場遮蔽できまっせ」という存在が邪魔なのだ。核融合というと、わが母校である阪大のレーザー核融合というのもあるけれど、あれはあれでわが道を行っているから不問にしているのだろう。要するに「磁場遮蔽=トーラス」でなければならない、というのが文科省(絡みで予算を引っ張ってる連中)にとって重要なのだろう。

そして「筑波大学」という大学の成立過程もここには大きく関係している。もともと筑波大学の前身は東京教育大というところだったのだが、学生運動の最先端を行く、という、文部省の「目の上のタンコブ」だったわけだ。これを、筑波研究学園都市の設立に併せて移転させ、骨抜きにしてしまった。その際に、キャンパスの設計においては機動隊の突入経路まで考慮されていた、などといううわさまであった位なのだ。

そして、そんな大学に入った学生は、余程近所でない限りほとんど強制的に寮に入ることを余儀なくされる。で、男子女子の寮間の交流をわざと open にしておく。周囲に娯楽はないから……いや、これはジョークではない。茨城県出身者の一人として証言するけれど、僕が高校生の時ですら「3S の筑波」という言葉は有名だったのだ。筑波には3つの S しかない。Study、Sports、そして Sex だ、と。これはジョークではない。れっきとした実話である。通常、国立大学法人の大学においては「大学の自治」というものが昔から重んじられてきた。しかし、筑波大学は移転・再設立の当初から、それを捨てさせられた大学だったのだ。

そして、プラズマ物理を学んだ学生のうち、研究で飯を食える人間なんてほんのわずかである。ほとんどは、学部か修士で就職していくことになる。つぶしが利かない……残念ながら、これは理学部系、特に物理系の場合にはよく言われることである。そういう中で、就職が決まっている学生が研究に従事しているとき、その学生の生殺与奪権を握っているのは、その学生に卒業証書や学位記を与える大学なのだ。事務にちょいと呼び出されて、ちょっと HDD 壊したことにしてくれる?無理なんて言わないよねぇ?と言われたら、余程の覚悟がない限り No と言うのは困難だろう(ただ、もし僕なら言う……それ位の覚悟がなかったら、こんな稼業なんか選んでいない)。

あー、厭なことを思い出しましたよ。そーそー。どこぞの某女性が TOF Neutron で解析したデータを誇らしげに出してきたんで、

「RIETAN-2001T は泉氏がもう責任持てないって言ってますけど、そんな状況で RIETAN-2001T で解析した結果なんてよく出せますね」

って質問したら、猛然と「いえ、これは信頼性は十分です」とか吠えてた癖に、次の学会からは何も言わずに解析ソフトを GSAS に替えてた、なんてことがありましたっけ。そのときは武士の情けで「今度は何故 RIETAN-2001T 使わないの?」って聞こうとしたのを止めたんだけど。

当時僕は Mg-Pd 系の化合物相が多重不均化した、非常に厄介な試料を解析していて、自力でリートベルト解析を学んで、RIETAN-2000 から RIETAN-FP にかけての時期に数少ない Linux 上でのユーザだったから、泉氏にソースを送ってもらって、デバッグも一緒にやったりして、そうやって解析していたのだった。だって Mg6Pd とか解析してましたからね(ここを読んでる人で興味のある人は Mg6Pd の構造を……Pearson's handbook にも載ってますが、もし更に興味のある人はDr. Guido Kreiner の報告例などを御一読下さい……ぜひチェックしていただきたい。あれを実験室系の XRD で解析して、最終的には SPring-8 のデバイ=シェラーまで使って解析して、一応ちゃんと結果出してるんだから)。最終的には古巣の T 君に publish してもらったけど、J-PARC の利用を踏まえて、僕たちの研究結果を冷遇したあの女性のボスのことを、僕はきっと一生許すことはないと思う。

まぁ僕も長氏程ではないにせよ、そういう冷や飯を食わされた経験はある。だから、この事件の根深さは、身にしみるのだ……

2009/10/24(Sat) 20:21:11 | 科学

> yorozuya さん

最近は、大学執行部やその上の方の圧力が、以前にまして大きいようですよ。でもこれって、一種のファシズムというか、恐怖政治というか。長氏支援サイトにも書かれていますが、これは正直言って一日本人として恥ずかしいです。
Thomas(2009/10/24(Sat) 23:50:21)

阪大 PTEN のは……

あれは完全にクロですから正直情けない話なんですが、阪大医学部は「白い巨塔」だけのことはあって、他にも RI 盗難&撒き散らし事件、とか色々前科があります。まぁ、せめて自分だけは神様に背を向けることのないように、と徹底するしかないんですが。
Thomas(2009/10/24(Sat) 23:39:59)

Re:禁断の果実の歯型

今日、同じ番組を見ていて初めて知りました。
あんなとんでもない話がまかり通るとは・・・
裁判ではひっくり返るような気もします。
yorozuya(2009/10/24(Sat) 23:25:11)

YS

生物系では阪大のPTENとか、韓国の幹細胞とか、東大のRNAiとか、ひどい捏造でしたが
・エラーバーがすべてのグラフ点で同じ大きさ
・ある解析データが細かいノイズにいたるまで別のサンプルと完全に一致
・ある細胞の写真が別の細胞の写真を加工したもの
・ノートはとってません、遺伝子組み換えマウスも実験終わったんで絶えさせました
・DNAサンプルを保存していた冷蔵庫は爆発しました


逆に強引に冤罪に持っていくことってのもあるんですね恐ろしい
guest(2009/10/24(Sat) 23:17:57)
Tittle: Name:

Profile

T.T.Ueda
Tamotsu Thomas UEDA

茨城県水戸市生まれ。

横山大観がかつて学んだ小学校から、旧水戸城址にある中学、高校と進学。この頃から音楽を趣味とするようになる。大学は、学部→修士→博士の各課程に在籍し、某省傘下の研究所に就職、その2ヵ月後に学位を授与される(こういう経緯ですが最終学歴は博士課程「修了」です)。職場の隣の小学校で起こった惨劇は未だに心に深く傷を残している。

その後某自動車関連会社の研究法人で国の研究プロジェクトに参画、プロジェクト終了後は数年の彷徨を経て、某所で教育関連業務に従事。

New Entries

Comment

Categories

Archives(900)

Link

Search

Free

e-mail address:
e-mail address