医者を代える

先日行った耳鼻咽喉科は、今いる場所のすぐ近くなのだけど、この医院は U にはすこぶる不評である。

「……あんなところ、もう二度と行かない」

まあ U の言いたいことは分かる。昔寮で一緒にいた医学部の男に聞いたことがあるのだけど、耳鼻咽喉科・産婦人科・皮膚科は「汚い」モノを扱うということで嫌う人というのがいるらしい。そういう風に扱われる患者の側になったら、汚物のように扱われるのは耐え難い。

実は、昨日の朝に服用した分で抗生物質を飲み切った。ということは、一度医師のチェックを受けておく必要がある、ということなのだが、また問答もなしに鼻にファイバースコープ、では、これはチェックにはならない。せめて扁桃腺周辺の状況や、鼻腔内の状況をちゃんと診てもらえるところに行くべきだろう。

ということで、初診料を払い直すリスクを承知で、違う耳鼻咽喉科の医院に受診することにした。U 御推薦のその医院は、歩いて数分の雑居ビルの一番奥にあった。

ここのドクターは初老(これを読んで U 曰く:あれぁどう見ても70いってると思うんだけど?)の男性だったが、喉を一目診るなり、

「あーこれは洗おう。はい、この膿盆持って口の下で受けて」

で、薬液で扁桃腺を洗う。次いで、鼻腔を覗き込むや、

「あー、君、鼻中隔が湾曲してるなあ」

そして、来歴を話した僕に、

「はーそうかー。いきなりファイバースコープ突っ込まれたのかー。いや、うちにもあるけどね、ファイバースコープ」

見るとちゃんと横の支柱に、すぐ使えるようにかけてある。

「しかし、これ診るのに、ファイバースコープは要らんと思うけどなあ」

と言うと、ドクター、ニヤリと笑って、

「金ばっかり取られちゃうよなぁ」

よく分かっていらっしゃる。

結局、チェックしてもらった結果、喉の炎症はもう峠を越えているので、うがいをマメにやってトローチでもなめときなさい、うちは抗生物質は出さんよ、ああそうそう、うがい薬は出しとこうか……で、鼻と喉の吸入をして終了。料金は初診料込みで前回の数分の一である。うーむ。こうも違うものか。

2011/06/09(Thu) 17:49:45 | 日記
Tittle: Name:

Profile

T.T.Ueda
Tamotsu Thomas UEDA

茨城県水戸市生まれ。

横山大観がかつて学んだ小学校から、旧水戸城址にある中学、高校と進学。この頃から音楽を趣味とするようになる。大学は、学部→修士→博士の各課程に在籍し、某省傘下の研究所に就職、その2ヵ月後に学位を授与される(こういう経緯ですが最終学歴は博士課程「修了」です)。職場の隣の小学校で起こった惨劇は未だに心に深く傷を残している。

その後某自動車関連会社の研究法人で国の研究プロジェクトに参画、プロジェクト終了後は数年の彷徨を経て、某所で教育関連業務に従事。

New Entries

Comment

Categories

Archives(896)

Link

Search

Free

e-mail address:
e-mail address