Windows パーティションの掃除

前にも何度か書いているけれど、僕は音楽関連の作業をするとき以外、ほとんど Windows のシステムを使うことはない。仕事は9割以上は Linux 上で作業をしているし、残りの1割も Mac OS X での作業比率が高いので、Windows なしで困るということはないのだ。

しかし、時々は Windows のシステムを立ち上げて作業しなければならないことがある。今日もそういう一日で、昼過ぎから Windows を立ち上げて、まずはシステム関連のアップデートをきっちり済ませた。それからすることは……要するに、NTFS パーティションの掃除である。

この作業をするときに便利に使っているのが、Piriformのツール、特にCCleanerDefragglerである。自動的に行えるレベルでのレジストリの掃除、そして NTFS では当初は不要と言われていた defragmentation の作業において、これらのソフトはもうなくてはならないものになってきている。

そもそも、NTFS はフラグメントが生じにくい、と言われていた。僕が NTFS を使い始めたのは Windows NT 4 の頃からだけど、この当時の Windows NT にはそもそも「デフラグ」というツール自体存在しなかった。しかし、結局はファイルのフラグメントが少なからず生じる、ということで、現在の Windows 7 に至るまで、システムには「デフラグ」が入っている。

Linux 系のファイルシステムでは…… ext2/3/4、そして btrfs に関しては、デフラグは必要ないとされている。僕が知っている限りでは、たしか XFS にデフラグツールがあるはずだが、これだってそうそう使う必要があるものではない。Mac OS X の HFS+ の場合も、バックグラウンドでちょこちょこデフラグをしている程度で、ユーザが自らデフラグを行う必要はない。

Windows で言う C:\ に充当するパーティション以外の場合なら、バックアップを他のパーティションに取っておいてフォーマットして、そこにバックアップを展開すれば、これ以上ない、という程にきっちりとデフラグされるわけだけど、さすがに C:\ に関しては怖くてそれをする気にはなれない。そういうわけで、さっきまでまさにデフラグをしていたわけなのだが、何と言うか、ひたすらに時間の無駄、と言うか……不毛な作業である。どうして Windows はこんなに馬鹿なのだろうか?

2011/08/28(Sun) 22:24:30 | コンピュータ&インターネット
Tittle: Name:

Profile

T.T.Ueda
Tamotsu Thomas UEDA

茨城県水戸市生まれ。

横山大観がかつて学んだ小学校から、旧水戸城址にある中学、高校と進学。この頃から音楽を趣味とするようになる。大学は、学部→修士→博士の各課程に在籍し、某省傘下の研究所に就職、その2ヵ月後に学位を授与される(こういう経緯ですが最終学歴は博士課程「修了」です)。職場の隣の小学校で起こった惨劇は未だに心に深く傷を残している。

その後某自動車関連会社の研究法人で国の研究プロジェクトに参画、プロジェクト終了後は数年の彷徨を経て、某所で教育関連業務に従事。

New Entries

Comment

Categories

Archives(900)

Link

Search

Free

e-mail address:
e-mail address