Adobe Reader に関する問題

11月に入ってから、毎朝、Adobe のページをチェックするのが日課になっている。具体的に書くと:

http://get.adobe.com/jp/reader/otherversions/
このページなのだけど、毎朝チェックしては、まだなのか……と思いつつ日々を過ごしているわけだ。

こうなったのは、以下の文書が公開されたことに端を発する:

http://www.adobe.com/jp/support/security/bulletins/apsb11-24.html
ここしばらく、僕は(そして、世間の Linux ユーザのほぼ全てが)Adobe Reader ver. 9.4.2 を使っているわけだけれど、上の文書にあるように、この ver. にはセキュリティの脆弱性がある。僕の Linux 端末は、そこそこセキュリティに関しては武装されているし、Linux が標的になること、特に PDF を利用した Linux への攻撃が行われる可能性は低いと思われるのだけど、やはりあまり気持ちのいいものではない。だから、ver. 9.4.6 へのアップデートを早いところしてしまいたいわけだ。

現時点で、Linux 版の Adobe Reader ver. 9.4.6 は、英語版のみ公開されている。英語版の Adobe Reader 上で日本語を扱うのは問題なく可能(日本語フォントのセットを別途組込む必要があるけれど)なのだけど、今迄日本語版を使っていたこともあって、可能なら日本語版にしておきたいなー……と思い、待っているのだが、日本語版の出る気配が一向にない。もういい加減ケリをつけておくべきなのかもしれないのだが、11月7日以降、毎朝 Adobe の web サイトや ftp サーバをチェックしては溜息をついているわけだ。

……しかしなあ。時間の無駄だし、精神衛生上もあまりよろしくはない。もういっそ、英語版にさくっと切り替えてしまおうかしらん。

2011/11/21(Mon) 11:40:05 | コンピュータ&インターネット
Tittle: Name:

Profile

T.T.Ueda
Tamotsu Thomas UEDA

茨城県水戸市生まれ。

横山大観がかつて学んだ小学校から、旧水戸城址にある中学、高校と進学。この頃から音楽を趣味とするようになる。大学は、学部→修士→博士の各課程に在籍し、某省傘下の研究所に就職、その2ヵ月後に学位を授与される(こういう経緯ですが最終学歴は博士課程「修了」です)。職場の隣の小学校で起こった惨劇は未だに心に深く傷を残している。

その後某自動車関連会社の研究法人で国の研究プロジェクトに参画、プロジェクト終了後は数年の彷徨を経て、某所で教育関連業務に従事。

New Entries

Comment

Categories

Archives(900)

Link

Search

Free

e-mail address:
e-mail address