達也君、これで君も楽になったろう

逃亡中の市橋達也容疑者が先程確保された。TBS と MBS の一大スクープである。

僕が書いたタイトルを見て、お気を悪くされた方がおられるかもしれない。しかし、僕が今まで聞いた、逃亡犯の捕まったときの話からすると、まず頭に浮かんだのはこの言葉なのである。警察関係者の書いた回顧録などを読むと、異口同音にこのことが書かれている……どのような逃亡犯も、捕まったときに、皆安堵のため息をつく、というのだ。市橋容疑者も、この何年かの間、写真を撮られることを恐れ、他人と入浴することを避け、いつもひとりで、ひたすら貯金し、形成手術で仮面を被ろうとしていた。その恐怖から解放されるためには、彼自身が縛につき、己の罪を償うしか術がなかったのだ。だから、僕はあえて言いたい。達也君、これで君も楽になったろう、と。

それにしてもメディアというのは恐ろしい。市橋容疑者が確保されるやいなや、容疑者の両親の顔をさらしやがった。両親もメディアの要請に応じてのことなのだろうけれど、なぜ両親までこのように顔をさらされ、カメラの前で社会的責任を総括させられなければならないのだろうか。メディアには明らかに、「自分達は正義の代執行者だ」という驕りがあるに違いない。自らが正義を名乗るものに対して、僕は正義よりむしろ疑いを感じてしまう。なら「正平協」なんてのはどうなるんだ、とか突っ込まれそうだけど、僕はあの団体の名前には疑問を感じている(活動を全否定するつもりも、このような連中に無批判に連帯する気もないけれど)。

【後記】
今日になったら、両親の顔は出さず、局によっては音声も加工している。勢いで出したものは許されるというのだろうか。やはり、メディアのこの対応には不信感が深まるばかりだ。

2009/11/10(Tue) 19:45:33 | 社会・政治
Tittle: Name:

Profile

T.T.Ueda
Tamotsu Thomas UEDA

茨城県水戸市生まれ。

横山大観がかつて学んだ小学校から、旧水戸城址にある中学、高校と進学。この頃から音楽を趣味とするようになる。大学は、学部→修士→博士の各課程に在籍し、某省傘下の研究所に就職、その2ヵ月後に学位を授与される(こういう経緯ですが最終学歴は博士課程「修了」です)。職場の隣の小学校で起こった惨劇は未だに心に深く傷を残している。

その後某自動車関連会社の研究法人で国の研究プロジェクトに参画、プロジェクト終了後は数年の彷徨を経て、某所で教育関連業務に従事。

New Entries

Comment

Categories

Archives(890)

Link

Search

Free

e-mail address:
e-mail address