眼鏡完成

日曜の夜、電話がかかってきた。眼鏡ができたので、いつでも取りに来て下さい、というのだが……おいおい、3週間かかるんじゃなかったのかね、と言いたいところを大人の我慢で、では今週中にそちらに伺いますので……と言って電話を切ったのだった。

で、昨夜に取りに行った。「いやーお客様、フレームはこのままでぴったりですよ」本当かぁ? と思いつつも、面倒なのでそのまま帰ってきた。保証書を見ると、どんなレンズを入れたのか分かるはずなんだが……と見ると「ハイライト 70」の文字が。

こういうのは最近はすぐ分かるわけで、これは東海光学の「ハイライト70」というレンズである。同社のラインナップを見ると、ガラス単焦点レンズのラインナップ4種類のうち、下から二番目のグレードで、ガラスの屈折率が 1.705(僕の度数でガラスなら 1.8 以上の高屈折率ガラスを使うことが多い……まあこれでも、プラスチックで「超高屈折率」とうたっているものと同程度なんだけど)、しかも球面レンズ(僕の度数だと視野の歪み等の問題が出るので、非球面レンズを使うことが多いんだが)……はー、なるほど。そういう扱いをされるんですか。

まあでも、フレーム(これはどこだろう……中国か、韓国か、それとも国産か)はそこそこちゃんとしているんじゃないの……と検索してみると、なになに、素材はステンレスだぁ? はぁ……僕は金属アレルギーはほとんどないので大丈夫だと思うけれど、Ni アレルギーの人だったら問題なんじゃないのかねぇ。

まぁ、文句たらたら、のように思われそうだけど、せっかく買ったので、せいぜい大切に使っていくつもりだ。とにかく、今迄使っていたレンズが、コーティングは剥げ剥げだし傷はあるし、で、とにかく目に負担がかかってどうしようもなかったので、それに比べたらこのレンズでも雲泥の差なのである。

2012/03/01(Thu) 12:13:31 | 日記
Tittle: Name:

Profile

T.T.Ueda
Tamotsu Thomas UEDA

茨城県水戸市生まれ。

横山大観がかつて学んだ小学校から、旧水戸城址にある中学、高校と進学。この頃から音楽を趣味とするようになる。大学は、学部→修士→博士の各課程に在籍し、某省傘下の研究所に就職、その2ヵ月後に学位を授与される(こういう経緯ですが最終学歴は博士課程「修了」です)。職場の隣の小学校で起こった惨劇は未だに心に深く傷を残している。

その後某自動車関連会社の研究法人で国の研究プロジェクトに参画、プロジェクト終了後は数年の彷徨を経て、某所で教育関連業務に従事。

New Entries

Comment

Categories

Archives(899)

Link

Search

Free

e-mail address:
e-mail address