無神経

今日は、これを読まれている皆さんも、各々、色々なことを考えられたことだろうと思う。丁度一年前の今日、あの東日本大震災が起きたのだった。

しかし、僕は、今日というこの日に、厭な気分にさせられることが二つもあった。まずひとつは、今日「名古屋ウイメンズマラソン」が開催された、ということだ。まあ、交通規制等の都合もあって、なかなか後から開催日をずらし難いのは分かるのだけど、せめて今日位は何とかならなかったのだろうか。

もちろん、今日という一日だけかしこまっていたって、地震や津波の被害……それは一年前の被害も、そして来たるべき東海・東南海地震で予想される被害に対してもであるのだが……を本当に思い遣っていることになるわけではない、という主張は、僕ももっともだと思う。しかし、だ。今日のような日に、あの地震に、津波に、そして原発事故に、心をを向けずして、ではいつ心を向けるのだ、とも思うわけで、そういう意味では、せめて一週間ずらすとか、スタート前に皆で黙祷するとか、少しはやり様があったのではないか、と言いたいのだ。

そして、僕の所属教会。9時半から、東日本大震災追悼ミサを行った、そこまではいいとして、その後、教会建立50周年式典とパーティーを、よりによって午後2時46分をまたいで挙行する、というのは、これはどういうことなのか。せめて、朝9時半から記念式典をやって、午後の時間を追悼ミサにして、あの時刻に皆で黙祷をすべきだったのじゃないか。こういう時に祈ることもできないで、何がカトリックだというのか。呆れて言葉も出てこない。

え、僕はどうしたか、って? 当然、そんな記念式典はボイコットして、家で政府の追悼式典の中継をつけて、一緒にあの時刻に黙祷していましたよ。当然でしょう。それにしても、この地方の連中の無神経さには、ほとほと嫌気がさしているのだ。これで自分達が地震で被害にあったら、きっと自分達が世界で初めて震災被害に遭ったんだ、みたいな顔をするに違いない。本当に、本当に厭になるのだ。

2012/03/11(Sun) 23:33:04 | 日記
Tittle: Name:

Profile

T.T.Ueda
Tamotsu Thomas UEDA

茨城県水戸市生まれ。

横山大観がかつて学んだ小学校から、旧水戸城址にある中学、高校と進学。この頃から音楽を趣味とするようになる。大学は、学部→修士→博士の各課程に在籍し、某省傘下の研究所に就職、その2ヵ月後に学位を授与される(こういう経緯ですが最終学歴は博士課程「修了」です)。職場の隣の小学校で起こった惨劇は未だに心に深く傷を残している。

その後某自動車関連会社の研究法人で国の研究プロジェクトに参画、プロジェクト終了後は数年の彷徨を経て、某所で教育関連業務に従事。

New Entries

Comment

Categories

Archives(899)

Link

Search

Free

e-mail address:
e-mail address