スウェーデンは遠い

スウェーデンには一度だけ行ったことがある。それも2時間だけ。

ある国際会議がフィンランドで開催されたのに参加したのだが、この国際会議が、一日目と二日目がヘルシンキ工科大、三日目と四日目が、ヘルシンキとストックホルムを結ぶ船上、つまりバルト海上で行われたのだ(なんでも、その船上で会議をするのが北欧では流行っているとか何とか、そんな話だったが)。で、セッションの合間にストックホルムで2時間だけ時間ができて、上陸したのだった。

正直言うと、ストックホルムの印象はあまりいいものではなかった。カフェの店員に間違えてフィンランドの札(嗚呼、あの頃はぎりぎりユーロ前だったのだ)を出したら、うんざりしたような顔で "This is not Swedish money." という言葉と共に投げ返されたりしたせいかもしれない。天気はまさに霧咽ぶ中、という感じで、でもあの店員の応対が良かったら、この印象は全然違ったものになっていたのかもしれない。

しかし、スウェーデンはオンラインでは結構縁のある場所だった。僕が熱力学計算に使っていたあるデータベースが、スウェーデン王立アカデミーにサーバーがあったり、他にもいくつかのソフトでスウェーデンにはお世話になった。当時(いや、そんな大昔じゃないんだけど)も、ネットワークはそんなに重く感じなかった記憶があるのだが……

実は、今丁度、Debian GNU/Linux の sid(いわゆる不安定版……僕はこれを常用している)のインストーラーをダウンロードしているのだが、これの最新版(いわゆる daily-build image)が、1か所のサーバでしか供給されていない。しかもそのサーバがあるのはスウェーデンらしい……いや、それはそれで全然構わないのだが、このサーバの回線がとにかく細いのだ。数十 MB のファイルを落とすのに数十分かかる……毎分 1 MB って、今時そんな回線なんてあるのだろうか? 個人で xDSL(いや、今メタルの回線で xDSL を使っている方はかなり少ないと思うけれど)で接続していたって、こんなに遅くはないだろうに……しかもスウェーデンって言ったら、フィンランドと並んで、北欧の IT 先進国なんじゃないの? どうしてこんなに細いのか。

ftp や http だから遅いのか、と思って、BitTorrent や jigdo を試してみたけれど、一向にダウンロードできない(だから供給がここ1か所だけだ、と言えるわけだが)。今は ftp で落としているのだが、これは本当になんとかならないものだろうか…… Ubuntu ユーザが増えたと言っても、あの老舗にしてカタいことで著名な Debian なんだから。まあ、でも、とにかく今は待つしか術がないのだった。

2012/06/03(Sun) 17:32:48 | コンピュータ&インターネット
Tittle: Name:

Profile

T.T.Ueda
Tamotsu Thomas UEDA

茨城県水戸市生まれ。

横山大観がかつて学んだ小学校から、旧水戸城址にある中学、高校と進学。この頃から音楽を趣味とするようになる。大学は、学部→修士→博士の各課程に在籍し、某省傘下の研究所に就職、その2ヵ月後に学位を授与される(こういう経緯ですが最終学歴は博士課程「修了」です)。職場の隣の小学校で起こった惨劇は未だに心に深く傷を残している。

その後某自動車関連会社の研究法人で国の研究プロジェクトに参画、プロジェクト終了後は数年の彷徨を経て、某所で教育関連業務に従事。

New Entries

Comment

Categories

Archives(898)

Link

Search

Free

e-mail address:
e-mail address