プレゼンで太字を使いたい?

最近どうもここは私家版 TeX Q & A 解答欄みたいになっているけれど、

jsarticleのslideや、Beamerを使ってスライドを作ろうとしたのですが、
\textbfや\bfseriesで文字を太字にすることがなぜかできません。
例えば、こんな感じでスライドを作ろうとしました。

--------------
\documentclass[slide, papersize]{jsarticle}
\usepackage[dvipdfmx]{graphics, color}
\begin{document}

\section{テスト}
\Large 太字にならない\\
\textbf{太字にならない}

\end{document}
-------------

これはjsarticleのslideですが、Beamerでも同じ現象が発生します。
それに対して、通常の文書を作成するときは、しっかりと太字になりました。

どなたか、原因が推測できる方がいらっしゃいましたら、ご教示ください。
よろしくお願いいたします。
うーん……こういう話、正直言ってちょくちょく耳目にすることがある。

ここで問題になるのは「太字って何よ?」という話だろう。日本語の場合、太字と言うとゴシック体、英語の場合だと bold face, フォントを変えて表すなら Serif に対する Sans Serif ということになるのだろう。しかし、だ…… jsarticle.cls の最後の方にはこう書かれている:

\if@slide
\renewcommand\kanjifamilydefault{\gtdefault}
\renewcommand\familydefault{\sfdefault}
つまり、jsarticle.cls の slide オプションを使用するということは、日本語の標準フォントではゴシック体、それ以外のフォントでは Sans Sarif を default として使用する、ということなのである。だから、その文書の中で \textbf とか \textgt とか使っても変化はない。「最初からそうなっている」ものに「そうしなさい」というコマンドを適用しているわけで、何も変化する訳がないのである。

こういう場合はどうするか。日本語以外の文字に関して太字にしたい場合は、Sans Serif 系ということで Helvetica を選んで、その bold を指定すればいい、ということになる。日本語はゴシックでなく太ゴシックを指定すればいい、ということになるだろう。たとえば、

\documentclass[slide, papersize]{jsarticle}
\usepackage[expert,deluxe]{otf}

\begin{document}

\newcommand{\FUTO}{\usefont{T1}{phv}{b}{n} \usekanji{JY1}{hgt}{bx}{n}}

\section{テスト}

\Large 太字にならない\\
{\FUTO 太字になる}

\end{document}
……とでもしてやればよい。ただし、太ゴシック (hgt) を用いるためには OTF パッケージを併用する必要があり、更に、hgt に対して適切な太ゴシックのフォントをアサインしたフォントマップが必要になる(詳細は「日本語フォントのセットアップ」を御参照のこと)。Beamer を使う場合でもやり方は変わらない。

しかし、だ。できる、というのと、それが効果的な手段だ、というのは、全く別の話である。正直言うけれど、僕はこうやって太くした「太字の更に太字」が美しいとは思えない。そもそも、強調したいんなら、アンダーラインを引くなり囲むなり、あるいは色を変えるなりすればいいだけの話である。何が何でも太くしなければならない、なんて理由は一つもない筈なのだ。だから、ここを読まれた方々には、こういうことで時間を空費しないでいただきたいと思うのだ。そのために、僕はこれを書いて己が時間を空費しているというわけ。

【後記】\usepackage[deluxe]{otf} を使うなら、\textbf{} で用は足りる、とのご指摘あり。追試して確認しました。なるほど。わざわざフォントを明示する必要はありませんでしたね。

gnuplot から pyxplot へ

ちょっとグラフを描く用事があって、Microsoft Excel ならぬ LibreOffice で描かせようかと思っていたのだが、美しくないのでほとほと厭になってしまった。久々に Ngraph かぁ? とソースを調べてみたが、Open Motif ベースで書かれているようだ…… Lesstif でも make できるんだけど、どうも日本語周辺に起因するらしき segmentation fault で落ちてしまう。

普段グラフを書かせるのには gnuplot を使うことが多いのだけど、今回は少々体裁を整えたい。gnuplot はこの辺が難しい。学会の発表原稿だと、上からキャプションを貼り付けたりするのだけど、今回はその手間を惜しみたい。さあ、どうしようか。

などと考えていて、ふと PyXPlot の存在を思い出す。そう言えば、どうして今まで使わなかったんだっけ……そうそう、Debian GNU/Linux の pyxplot は TeX Live のパッケージと不可分なので、Debian の TeX Live を入れたくない僕にとっては手を出し難かったのである。うーん、そう言えばソースをちゃんとチェックしたことなかったなあ……とチェックしてみると……なんだ、これなら /usr/local 以下に入れれば問題ないじゃん。ということで、さくっと make してインストールする。

基本的には gnuplot と同じく コマンドラインベースなのだけど、gnuplot とは違って、出力は EPS になっていて、gv をフロントエンドとしてそれが表示されるようになっている。キャプション等は TeX で整えられているので、これはかなりいい感じである。

もちろん、そうだからと言って、僕の手元のシステムから gnuplot が消えるというわけではない。しかし、僕自身が今後使う場合は、おそらく pyxplot を使う比率が非常に高くなるのではないだろうかと思う。だって、コマンドラインで使う感覚は全く変わらなくて、TeX の力を借りた postscript ベースの出力が得られるのだから……明日、早速ガシガシ使う予定である。

込もらない重さ、受け止められない重さ

言葉というものは、それを発する側と受ける側の双方で決まるものだ。双方がその内実に踏み込んで、そこに何かを込め、そして受け止めることで、初めてその言葉は意味を持つ。逆に言うと、その言葉が意味を持つものであるためには、双方にそれ相応の覚悟が必要なのだと思う。

ところが、最近の世間はどうなのか。実際の言葉の使われ方が、まるでその覚悟の彼岸にあるもののように見えて、興醒めすることが多くなったと、つくづく思うのだ。

まず、日毎にそれを感じるのは、メディアから流れる政治家の言葉だ。何が厭かって、まず「しっかりと」という言葉。国の税金使ってまつりごとに携わってるのに、「しっかりと」しているときとしていないときがある、ってのか? しっかりしてて当然で、しっかりしていないなんて有り得べからざるべきことなんじゃないの? 殊更に「しっかりと」って言ってるのは、「普段は『しっかり』してません」って言ってるのと一緒じゃないか! そうか。あんたら最悪だな。政治家やってて普段はしっかりしてないのかよ。

同様の理由で「頑張って」「努力して」もダメダメだ。もっと下らないのは「汗をかいて」という言葉。汗なんかかこうがかくまいが、そんなこたぁ何も関係ないんだ。涼しい顔でちゃんとやってくれよ。汗かいてるから満足する、なんて、俺達ぁ大衆であって体臭フェチじゃねぇんだよ。

だから最近の民主党の政治家なんて、何か口を開くだけでもう失格なのだ。政治家は結果だけでその業績が評価される職種である、ということがてんでわかっていない。連中は「しっかりと」「頑張って」「努力して」「汗をかいて」やっているんだ、と、折々にエクスキューズする。しかし、その言葉には何ら重さは込もっていない、エクスキューズの意味すらない代物だと言わざるを得ない。「いい加減に」「頑張らず」「努力せず」「汗をかくことを避けて」まつりごとに携わっているんです、と声高に言っているようなものではないか。

丁度今、横のテレビでは立川談志の追悼番組をやっているのだが、ここで再放送されているドキュメンタリーで、非常に興味深い場面が出てくる。談志が『富久』を演じている場面が映されたのだが、長屋の火事で千両の当たり籤が燃えてしまったと思い込んだ久蔵が途方に暮れる場面で、 目前の客がだらだら笑っているのに対して、ふと「ここ、そんなに面白いところですかねえ」と談志がはっきり言っているのだ。しかし、笑っている客はそれにすら気付かない。

談志は、変容する社会の中で大衆の噺というものへの共感が失われていく結果、落語家がただの「笑わせ屋」になってしまう、という危機感を持っていたらしい。『富久』を演じた後の談志は「厭だ」「厭だ」と何度も口にしていた。「千両当てて貰い損ねる、そんな人生なんてあぁ厭だ。俺ぁ死ぬ、もう死ぬ!」と苦悶して、手首の動脈を食い破ろうとする様まで演じていて、それをヘラヘラ笑われる談志にしてみりゃあ、これはたまったものではない。これ程までに込めたその重みが、どうして受け止めてもらえないのか。このように、受け手次第では、血を吐くような言葉ですら、鼻紙みたいに軽く扱われてしまうのだ。

こんな世情である。そりゃあ、ブログの更新だって滞りがちにもなろうというものではないか。

やっちまった……

久々の大ポカをやってしまった。メールの保存ディレクトリを破損してしまったのだ。慌ててバックアップのアーカイブを展開したら、ホーム・ディレクトリの設定ファイルを昔の状態に戻してしまった。あ゛〜! やっちまった!

以前の skkinput の設定をクリアして iBus の設定をし直して、GNU Emacs のフォントを戻して……あれ、Mac OS X と不整合起こしてるな……ではこの TrueType フォントをコピーしてゴニョゴニョ……などとやっているうちに、所用で出かける時間になってしまう。慌てて身支度して出かける。

で、疲弊しつつ帰宅したその後に、残りの作業をゴニョゴニョやっている……う゛〜。Xquartz と Linux の XOrg との不整合は直したけれど、手元の TeX Live の svn tree を過去に戻してしまったので、今晩一晩かけて復旧させることに。それにしても、こんなミスをするとは。

下棒の付いた T

奥村氏の TeX Q & A で出ていた質問について。

質問者は、数式モードで \mathcal 字体を使いたいらしいのだが、調べているうちに、この字体の "T" に、下端に棒のあるものとないものがある、ということに気付いたらしい。以下にその二者を:

mathcal-old.pngmathcal-new.png
問題の部分を拡大して赤で囲んだものを以下に示す。
mathcal-oldT.pngmathcal-newT.png

この違いは、実は Knuth が(彼の言うところによると、最後の)Computer Modern Fonts の改良をした結果である。詳細に関しては彼の書いた:

http://www-cs-faculty.stanford.edu/~knuth/cm.html
およびその試訳:
http://www.fugenji.org/~thomas/texlive-guide/knuth-message.html
を御参照いただきたい。

TeX Q & A での質問者はあっさり引っこんでしまったようだけど、この筆記体大文字というのは、結構悩ましいところかもしれない。演算子等にこういう記号を使うときには、やはり好みを反映させたいだろうからだ。

実は、このような筆記体大文字のフォントを手近で探すと、Microsoft Office にバンドルされている Monotype Corsiva や、Mac OS にバンドルされている Apple Chancery(以前は dfont 形式のファイルしか入っていなかったようだが、10.6 と 10.7 では TrueType フォントが入っているのを確認済)を見つけることができる。そして、これらの T はいずれも下棒が付いているのである。

mathcal-old.pngmathcal-new.png

だから、TeX に対して原理主義的でないのならば、実はやり様があるはずなのだ。Knuth だって、あくまで Computer Modern Fonts の話をしているわけだし……しかし、この辺のフォローはなされているように思えないので、ここに書いておく次第である。

Adobe Reader に関する問題

11月に入ってから、毎朝、Adobe のページをチェックするのが日課になっている。具体的に書くと:

http://get.adobe.com/jp/reader/otherversions/
このページなのだけど、毎朝チェックしては、まだなのか……と思いつつ日々を過ごしているわけだ。

こうなったのは、以下の文書が公開されたことに端を発する:

http://www.adobe.com/jp/support/security/bulletins/apsb11-24.html
ここしばらく、僕は(そして、世間の Linux ユーザのほぼ全てが)Adobe Reader ver. 9.4.2 を使っているわけだけれど、上の文書にあるように、この ver. にはセキュリティの脆弱性がある。僕の Linux 端末は、そこそこセキュリティに関しては武装されているし、Linux が標的になること、特に PDF を利用した Linux への攻撃が行われる可能性は低いと思われるのだけど、やはりあまり気持ちのいいものではない。だから、ver. 9.4.6 へのアップデートを早いところしてしまいたいわけだ。

現時点で、Linux 版の Adobe Reader ver. 9.4.6 は、英語版のみ公開されている。英語版の Adobe Reader 上で日本語を扱うのは問題なく可能(日本語フォントのセットを別途組込む必要があるけれど)なのだけど、今迄日本語版を使っていたこともあって、可能なら日本語版にしておきたいなー……と思い、待っているのだが、日本語版の出る気配が一向にない。もういい加減ケリをつけておくべきなのかもしれないのだが、11月7日以降、毎朝 Adobe の web サイトや ftp サーバをチェックしては溜息をついているわけだ。

……しかしなあ。時間の無駄だし、精神衛生上もあまりよろしくはない。もういっそ、英語版にさくっと切り替えてしまおうかしらん。

Perl 5.14

http://lists.debian.org/debian-devel/2011/11/msg00315.html に書かれているように、現在 Debian/GNU Linux の unstable で perl の version up が進行中で、このためにうっかり dist-upgrade をかけると大変なことになりかねない状況になっている。

現状では、僕の環境は言う程ヘヴィーに依存していないのだけど、courier-MTA が抜けてしまう。あと perl-tk とか、細かいところで色々問題が出ることになる。おそらく1週間程でこの問題は解決すると思うのだけど、それまでは注意する必要がありそうだ。

メモ

私用メモ。Inspiron 1501 の CPU 冷却用ファンは Sunon GB0507PGV1-A。

あれー?

前にも書いたことがあると思うけれど、僕は Dell Inspiron 1501 という古いノートパソコンを使っている。これは、液晶がワイドだったこと、CPU が AMD Turion x2 というマイナーな代物だけど一応 dual core なこと、HDD とメモリ を換装してあること、それと OS を完全 64 bit 化しておいたおかげで、現在になってもまだ使用できているわけだ。

さて。実は今日、ちょっとチェックしたいことがあって、Dell が公開している Inspiron 1501 の PDF 版マニュアルをダウンロードして目を通していたのだけど……

mem-info.png
え? 僕、今 4 G で使ってますけど?
top.png

BIOS はメモリチェックのとき妙なカウントをするけれど、ちゃんと 4 G 認識するし、Linux でも Windows でもちゃんと OS は 4 G 認識している。えー? 今まで気付きませんでしたよ、2 G なんてマニュアルに書いてるなんて。これだったら、CPU もガツッとハイクロックのものに替えたら、更に延命できるということ?

【後記】後で調べたら、海外では 8 G で使っている人もいるらしい……

こんな夢をみた

気がつくと、僕は湿ったコンクリートの上に立っていた。目前には、そのコンクリートが数メートル程続いた向こうに、一面の泥が広がっている。空は……暗く、鈍い灰色をした分厚い雲が覆っている。やや薄暗い泥の向こうに目をこらしてみるけれど、その先には他に何も見えない。

後ろを向くと、やや湾曲したコンクリートの壁が聳えている。この湾曲の様子からすると、どうやらダムのようだ。しかし、その壁の上端は、先の泥の果てと同じく、目をこらしても何も見えない。果てしない、という言葉を簡単に使う気はないけれど、泥もダムも、どちらも僕が把握できない程の大きさでそこにあることだけは、どうやら確からしい。

しかし、ダムの壁際にいるということは、放水でもされたら一巻の終わりということだ。僕は、見える範囲内の壁を何度も見回して、放水口がどこなのかを探した。けれど不思議なことに、このダムにはどこにも放水口らしきものが見出せない。僕は、とりあえず水責めにされる恐怖からは解放されたので、足下のコンクリートに腰を下ろした。

自分を上から見たときに見えるであろう状況を、僕は頭に思い描いた。湾曲した壁の両端は、今の位置からは相当離れたところで、泥に接しているらしい。つまり僕は、蒲鉾の断面のような平面上に捕らわれている状態らしい。蒲鉾のアーチ状の曲線は壁、板と接している底辺は泥の際である。僕は溜息をついて天を仰いだ。一体何だって、僕はこんなところに独りで取り残されているのだろう。

そのときである。微かに、何かを地面に引きずるような音が、断続的に聞こえてきた。ずるっ、ずるっ……辺りには僕以外何も確認できない。動いているものは何なのか……最初の数分は、それも分からなかった。ただ、ずるっ、ずるっ、という音と振動が感じられるばかりだ。

大きな山や、左右に開けた海岸に、自動車で近付いていくことを考えていただきたい。走っても走っても、その山や海岸に近付かないような気がした、そんな記憶がどなたにもおありだろうと思う。自分と比べてあまりに巨大なものは、それと自分との相対感覚を狂わせる。認めたくないと思う自分と争いながら、僕はようやく、その音の源に気がついた。泥だ。泥とコンクリートの接線が、少しづつこちらに近付いているのだ。

僕は動悸を堪えながら、壁の曲線の頂点らしき場所に背中をもたせかけた、泥は少しづつ、しかし確実にこちらに迫っている。壁の左右に再び目をやるが、そこには手掛かりになりそうなものは何一つなかった。つまり、上に逃げることは、できそうもないということだ。

泥はもはや、僕の目前に迫っていた。この泥の上を渡っていければ、あるいは何処かに辿り着くかもしれない。しかし、泥の中で身を支えられそうな板きれひとつ、僕の身辺にはなかった。それに、僕の中には確信のようなものがあった。この泥に触れてはいけない。この泥に、触れてはならないのだ。

泥はいよいよ迫ってくる。音に合わせて、まるで寄せては返す波のように、少しづつ、少しづつ、僕の爪先ににじり寄ってくる。壁に踵を当てて、爪先立ちのような状態になりながら、僕は少しでも泥との間に距離を取ろうとする。しかし、あと何度目かのうちに、僕の爪先にこの泥が触れてしまうことは間違いなさそうだ。

触れてはいけない。触れてはいけないのだ。この泥に触れると、僕の中の欠くべからざる何物かが変質してしまう。僕は踵で壁を掻いた。しかし、その虚しい足掻きの一瞬後、こぽりと音がして、僕の足の親指に泥が被った。その刹那、僕の視界も、そして頭の中までも一瞬に泥のくすんだ焦げ茶色に塗れて、僕は息を吸うことすらできなくなった。その先のことは、何も覚えてはいない。

もう改訂が必要か

『TeX Live を使おう ―― Linux ユーザと Mac OS X ユーザのために ――』だが、公開してまだそう経っていないのに、もう改訂が必要かもしれない状態である。

これはある意味、嬉しい誤算と言えるかもしれない。僕がこの文書で言っていること…… OTF パッケージと日本語フォントの問題が解決すれば TeX Live で快適に日本語が扱えるのに……が、この何週間かの間に実現したのである。具体的には、IPA / IPA ex フォント、babel の japanese パッケージ、それに OTF パッケージが、いずれも TeX Live 2011 にマージされたのだ。

もちろん、まだ問題は残っている。DVI ビューアが日本語化していないこと(ちなみに Windows 版の TeX Live には、既に dviout までマージされている!のだが)、そして ipaex パッケージのフォントマップが不完全(/AJ16 オプションが適切に設定されていない)こと、等である。しかし、何から何まで一から日本語環境を構築するのに比べたら、この進歩は革新的と言ってもいい位だ。

現在、pxdvi に関しては、ptexlive 等でお馴染の北川氏が、フォントマップのポリシー等に関して決めているところらしい。その辺が固まれば、やがて TeX Live にマージされるときも来るかもしれない。LuaTeX-ja の発展前の、嬉しい誤算としての進展である。それらがある程度まとまったところで、件の文書の改訂を行うことにしようと思う。

【後記】ということで、改訂を行った。OTF パッケージと babel に関して言及している文書は index から消したが、文書自体は消していないので、一応これでリンク等の問題もないのではないかと思う。

ついに OTF パッケージがマージされた!

TeX Live 2011 に、ついに OTF パッケージがマージされた……いや、正確には、何日か前から、Babel の japanese パッケージと一緒に登場していたようなのだけど、最初のうちはどうも使えるような状態ではなかったのだが、現時点での OTF パッケージ "japanese-otf" は、もう安定供給されているようだ。

TeX Live で日本語を使う上で、OTF パッケージのインストールが大きな壁になっていたのだが、これでいよいよその壁もなくなったわけだ。僕の書いたドキュメントの必要性も、どんどん希薄になっているような気がするが、これはむしろ喜ぶべきことだと言うべきなのだろう。

……ということで喜んでいたのだが、どうも動作がおかしい。僕のコンテンツの OTF パッケージのインストールに関する箇所に、一度は obsolete と書いたのだが、とりあえず元に戻しておくことにする。手元の OTF パッケージを消すのにはまだ早い模様。

【後記】先程のアップデートでついに安定使用可能になったことを確認。ついに、本当の意味でマージ完了、である。

Profile

T.T.Ueda
Tamotsu Thomas UEDA

茨城県水戸市生まれ。

横山大観がかつて学んだ小学校から、旧水戸城址にある中学、高校と進学。この頃から音楽を趣味とするようになる。大学は、学部→修士→博士の各課程に在籍し、某省傘下の研究所に就職、その2ヵ月後に学位を授与される(こういう経緯ですが最終学歴は博士課程「修了」です)。職場の隣の小学校で起こった惨劇は未だに心に深く傷を残している。

その後某自動車関連会社の研究法人で国の研究プロジェクトに参画、プロジェクト終了後は数年の彷徨を経て、某所で教育関連業務に従事。

New Entries

Comment

Categories

Archives(890)

Link

Search

Free

e-mail address:
e-mail address